アンドレア・ウルフ『フンボルトの冒険』



 アンドレア・ウルフ著、鍛原多惠子訳『フンボルトの冒険――自然という〈生命の網〉の発明』(NHK出版/3132円)読了。書評用読書。

 フンボルト海流やフンボルトペンギンなど、多くの事績・地名・動物等にその名を冠された、ドイツの博物学者・探検家アレクサンダー・フォン・フンボルトの伝記である。

 多くの日本人にとって、フンボルトは「名前は知っているけど、何をやった人なのか、よくわからない」存在だろう。私にとってもそうだ。
 欧米等でも事情は同じらしい。本書によれば、フンボルトは「英語圏ではほぼ忘れ去られている」という。

 だが、存命のころには「世界でナポレオンに次ぐ有名人」とも呼ばれ、「科学界のシェイクスピア」などという輝かしい異名を持っていた。

 フンボルトの業績として、「等温線」の考案、「磁気赤道」の発見、「植生帯」「気候帯」の概念の提唱などがある。
 しかし、彼のなし遂げたことで最も重要なのは、「私たちの自然観を根本的に変えた」ことだと、著者は言う。

 自然の中のあらゆるものに関連性を見出し、「この壮大な因果の連鎖がある限り、独立して考えられるものは一つもない」と、フンボルトは書いた。現代の「生態系」の概念、地球を一つの生命体と見なす「ガイア理論」などは、フンボルトの自然観から生まれた“子ども”なのだ。

 フンボルトは、人類の営為によって気候が変わってしまう危険性を初めて指摘した。つまり、「環境保護運動の父」でもあるのだ。

 また、フンボルトは終生奴隷制否定論者であり、あらゆる民族は平等な価値を持つと考えた、先駆的な人権感覚の持ち主でもあった。

 フンボルトが独自の自然観を構築するまでの道筋を、著者は丹念に辿っていく。その自然観は、長期的な南米大陸探検など、フンボルトがくり返した探検調査によって培われたものだった。
 何度も命の危険にさらされた、書名通りの「冒険」であったそれらの旅を、著者はつぶさに描き出す。作家・歴史家である著者の文章は映像喚起力に富み、臨場感と豊かな詩情を併せ持っている。

 また、フンボルトが交友を結んだ綺羅星の如き人々――生涯の親友ゲーテや、南米解放の革命家シモン・ボリバル、第3代合衆国大統領ジェファーソンなど――の横顔も綴られ、それぞれ興趣尽きない。

 そして後半では、フンボルトが後代に与えた広範な影響についても、詳述されていく。
 ダーウィンは、フンボルトの著作に強い影響を受けて、歴史的なビーグル号の航海に出た。ダーウィンの進化論もまた、フンボルトの影響下にあるのだ。
 ほかに、『森の生活』のソロー、「生態学」の概念を提唱したヘッケル、自然保護の父ジョン・ミューアらがフンボルトの強い影響を受けていることが、それぞれ一章を割いて明かされていく。

 本書は丹念に書かれた第一級の伝記であり、科学史/科学ノンフィクションとしても抜群の読み応えがある。
 フンボルトの子ども時代が綴られる序盤はやや退屈だが、そこを超えれば、印象的なエピソードの連打で一気読みできるだろう。

関連記事

ゲイ・タリーズ『覗くモーテル 観察日誌』



 ゲイ・タリーズ著、白石朗訳『覗くモーテル 観察日誌』(文藝春秋/1912円)読了。

 電車の中では読みにくいようなタイトルとカバーの本だが、内容は真面目なノンフィクションである。

 米国の大御所ノンフィクション作家であり、「ニュー・ジャーナリズムの父」とも呼ばれるゲイ・タリーズ。
 彼が1981年に刊行した『汝の隣人の妻』は、性革命以後のアメリカの新しい性の動向を捉えた衝撃的な作品であった。著者自らが性風俗店を経営してみたり(!)、スワッピングの場に潜入してみたりして書かれた問題作だったのである。

 この 『汝の隣人の妻』が話題になっていた1980年に、タリーズの元に匿名の速達が届く。
 そこには、「自分はモーテルの経営者だが、宿泊者の様子を覗き見できる仕組みを作り、長年にわたって彼らの性の営みを観察し、詳細な記録をつけてきた。その記録があなたの作品に活かせると思うので、話を聞いてほしい」(主旨)とあった。

 ただし、実名が明かされたら罪に問われるため、名前やモーテルの場所は書かないでほしい、というのだった。
 作品はすべて実名で書くという信念を持つタリーズは、男の話を作品化するつもりはなかった。が、好奇心にかられ、現地に取材に赴き、その後は手紙のやりとりを重ねた。

 そして、出会いから30年以上を経た2013年になって、すでにモーテルを廃業し、80歳近くなった男から「出訴期限がすぎ、覗かれた人々から訴えられるリスクがなくなったため、日誌を公表してもらって構わない」(主旨)との申し出を受ける。
 そうした経緯から作品化されたのが、本作なのだ。

 江戸川乱歩の『屋根裏の散歩者』を地で行く話だが、本書はまぎれもないノンフィクションであり、読み始めたら下世話な興味にかられてページを繰る手が止まらない。
 もっとも、ポルノグラフィー的要素は意外に希薄で、むしろ「生きる哀しみ」、ペーソスが基調として感じられる書である。

 内容の半分程度を、男(ジェラルド・フースという)の「観察日誌」の引用が占めている。そのため、タリーズの他の作品に比べ、薄味であることは否めない。それに、「奇書」のたぐいでもある。
 が、昔の『噂の眞相』風に言うなら「ヒューマン・インタレストあふれる」本で、面白いことは間違いない。

■参考→ 「文春オンライン」で、本書巻末の解説(青山南)の全文が読める。
 
関連記事

『ザ・コンサルタント』



 『ザ・コンサルタント』を映像配信で観た。



 田舎町の会計士が、じつは腕利きの殺し屋だった……という設定のアクション映画。
 
 地味な職業の主人公が、じつは百戦錬磨の戦闘マシーンで、封印していた能力を使って大暴れ……という物語は、『イコライザー』から『湯けむりスナイパー』に至るまで、たくさんある。
 本作もそのバリエーションの一つだが、一連の類似作の中で飛び抜けて奇妙な映画になっている。

 主人公が高機能自閉症で、軍人の父が「一人で生きていけるように」と、少年時代から格闘術や射撃術など、あらゆる特殊技能をスパルタで仕込んだ(おいおい)……という設定が、まずぶっ飛んでいる。

 それに、クライマックスの展開は、「予想の斜め上を行く」という言葉がピッタリのとんでもないもの。
 「えーっ? そんな決着のつけ方アリ?」、「電話の女の正体って、あの人? そんなのアリかよ!」と、目がテンになること請け合いだ。

 しかも、主人公が最後に行う「殺し」がある種のギャグになっていて、不謹慎ながらもつい爆笑してしまう(『インディ・ジョーンズ』第一作で、ハリソン・フォードが半月刀のアラブ人を無造作に射殺するギャグへのオマージュみたいな感じ)。
 全体が意外にシリアスだからこそ、突出した奇妙さを観客に与えるギャグである。

 ストレートにスカッとする映画ではなく、二重三重にヒネリが加えられた、変なアクション映画。でも、私はこの奇妙な味わいがけっこう気に入った。
 アクションには迫力があるし、ヒロインのアナ・ケンドリック(彼女を守るために主人公は闘う)はバンビみたいでキュートだし。

関連記事

安宅和人『イシューからはじめよ』



 安宅和人著『イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」』(英治出版)を、Kindle版で読了。
 7年前に刊行されたときから気になっていた本。先日「Kindle日替わりセール」で定価の3分の1という激安価格で売っていたので、買ってみた。

 ビジネス書ではあるが、副題のとおり「知的生産の技術」本として読むことができる。
 しかも、“知的生産の「生産性」を上げるために、本質的に大事なこととは何か?”が詳述された内容である。

 本書に書かれた、“イシューを見極め、仮説を立て、問題解決の方途を探る”ということを、ビジネスマンなら事業上の問題解決や新規ビジネス開発などに活かせるだろうし、研究者なら新しい研究テーマの決定などに活かせるだろう。

 そして、私のような物書きにとっても、新しい作品(ノンフィクションなど)に取り組むときのテーマ決定から執筆に至る工程に活かせるヒントが、ちりばめられている。

 もっとも、お手軽な「仕事に役立つライフハック集」ではないから、そういうものを期待して読むと「何を言っているかわからない」という肩透かし感を味わうかもしれない。
 かなりハイブローで根源的な内容だから、一つの分野である程度長いキャリアを積んだ人間でないと、著者の言っていることが理解しにくいのだ。

 著者は現在ヤフーの「チーフストラテジーオフィサー」だが、ビジネスの世界に進む前にはニューロサイエンス(脳神経科学)の研究者であったという。その知見が随所に活かされており、「脳科学的見地から書かれた知的生産本」として読むこともできる。

 何より、著者が随所で説く“プロフェッショナルとして仕事に臨む姿勢”に、感銘を受けた。
 たとえば――。

 労働時間なんてどうでもいい。価値のあるアウトプットが生まれればいいのだ。たとえ1日に5分しか働いていなくても、合意した以上のアウトプットをスケジュールどおりに、あるいはそれより前に生み出せていれば何の問題もない。「一所懸命にやっています」「昨日も徹夜でした」といった頑張り方は「バリューのある仕事」を求める世界では不要だ。



関連記事

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』



 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を映像配信で観た。



 『スター・ウォーズ』本編シリーズを補完する、スピンオフ・シリーズの第一弾。
 1977年の『スター・ウォーズ』第一作(『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』)の直前までが描かれている。
 第一作の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した、銀河帝国軍の究極兵器「デス・スター」の設計図――それをどのようにして反乱軍側が手に入れたのかを、解き明かすストーリーなのだ。

 私は第一作を中学生時代に封切りで観たけれど、以後の『スター・ウォーズ』シリーズについてはよい観客ではなかった。正直言うと、第一作をあまり面白いと感じなかったのだ。

 が、この『ローグ・ワン』はとても面白かった。
 本作を、ゴジラ・シリーズにおける『シン・ゴジラ』に相当する作品として評価した映画評論家がいた。たしかに、これまでの『スター・ウォーズ』シリーズよりもリアリズムを追求した作品で、その点は『シン・ゴジラ』に近いかも。
 戦闘シーンがかなりリアルで、SFというより戦争映画のようなのだ。反乱軍兵士たちの薄汚れた感じもリアル。

 「ローグ・ワン」(反乱軍のはぐれ者たちからなる奪取部隊)の面々が、強大な帝国軍に押されて一人また一人と死んでいき、デス・スターの設計図という「希望」だけが残るクライマックスは、感涙必至である。

関連記事

Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
15位
アクセスランキングを見る>>