掛川花鳥園


 静岡から戻ってきた。
 骨折した息子は包帯とコルセットの痛々しい姿だが、とりあえず退院。痛みもないようだ。

 海にもプールにも行けなくなってしまったので、今日はせめてものレジャーということで、掛川市の「掛川花鳥園」というところへ家族で遊びに行った。

 花鳥園のサイト→ http://www.kamoltd.co.jp/kke/

 ここは、けっこうよかった。
 鳥類に特化した動物園のようなところなのだが、「花鳥園」の名のとおり、熱帯の花々が咲き乱れる環境(施設全体が巨大な温室のようになっている)の中に珍しい鳥たちが放し飼いにされているのだ。

 色とりどりの熱帯性スイレンなどの花々、極彩色の鳥たち。しかも、鳥たちはよく慣らされていて、来場者の肩や手に乗ったりしてくるし、エサやりもできる。

 ペンギン(南アフリカのペンギンで、暑くても平気な品種)やエミュー(ダチョウみたいな大きな鳥)もいて、私も初めて触れた。ペンギンの毛皮は、まるでビロードのような触り心地である。

 珍しいフクロウもたくさんいて(これらはさすがにケージの中)、こちらも一見の価値あり。

 べつに花鳥園に何の義理もないが、子ども連れで行くにはもってこいのレジャー・スポットとしてオススメだ。


 行き帰りの新幹線で、計4冊の本を読了(といっても、どれも読みやすい軽い本である)。
 長嶋有の『パラレル』、岩井志麻子の『偽偽満州』、米原万理の『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』、小田嶋隆の『日本問題外論』(これのみ少し古い本)の4冊。

 感想をいっぺんに書くのはシンドイので、明日から1冊ずつ書こう。
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
18位
アクセスランキングを見る>>