絶句……。

 今年の夏は、我が家と周囲に次々と「事件」が起こる。

 先日息子が骨折したと思ったら、こんどは静岡からの帰り道で妻子が交通事故を起こした。
 自損事故だし、妻子にまったくケガはなかったのだが、車の鼻先がグシャグシャ。保険で直せるとのことだが、60万円相当の修理だという。

 そして、今日はさらに大きな衝撃をもたらす事件が……。
 
 ことの起こりは一週間ほど前。マンションのベランダと外に面した廊下に、異様な臭気が漂い始めた。
 生ゴミが腐ったような臭い。配水管に大きなネズミの死骸でも詰まって、この暑さで腐敗してしまったのだろうか――そう思った。

 臭気は日を追って強くなり、マンションのほかの住人も「臭い、臭い」と騒ぎ始めた。
 不思議なことに、その臭気はマンションの南側に部屋のある住人だけが感じ、反対側の住人は「べつに臭くない」と言うのだった。しかも、階が下になるほど臭気が強まるようなのだ。

 1階の南端の部屋には、病気がちの中年独身男性が住んでいた。しかも、その男性の姿を最近見かけない。
「もしかして……」
 
 私たち住人は言いかわした。
「〇〇さん、入院でもしたんじゃないの?」
「ああ、そうかもね。それで部屋の生ゴミが腐って……」
 ほんとうは最悪の予想のほうが強く心に浮かんでいたのだが、それを口に出すのがはばかられたのだ。

 そして、今日――。
 警察立会いのもと、管理会社が合鍵で男性の部屋を開けてみたところ……。

 亡くなっていたそうである。

 ああ、衝撃。こういうことが私の住むマンションで起こるなんて……。
 警察によると、推定死亡時期は8月初め。記録的な猛暑もあって、遺体は「原型をとどめていなかった」という。

 ここ一週間ほどベランダや廊下に出るたびに鼻をついた異臭が、しばらく脳裏から離れそうにない。我が家は5階。それでも、すさまじい臭気が下から立ちのぼってきていた。    
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
18位
アクセスランキングを見る>>