取材しやすい人、しにくい人

 今日は、都内某所で弁護士さんの取材。
 弁護士さんは総じて理路整然と話をしてくださるので、取材しやすい。

 いろんな職業の人を取材する機会があるが、取材しやすい職業ベスト3を選ぶなら、弁護士・大学教授・政治家となるだろうか。
 いずれも総じて取材慣れしているし、自分の意見を論理立てて人に説明することに長けた職業だからである。
 
 同様に、物書き(ジャーナリスト、評論家など)、企業経営者、企業の広報担当者(これは取材しやすくてあたりまえだが)も、おおむね取材が楽だ。

 逆に、取材しにくい「ワースト3」を挙げると、芸能人・物書きを除いたアーティスト・一般人となる。

 芸能人は、わがままだったり気難しかったりして、「扱いにくい人」がやはり多い。また、取材時に同席するマネージャーが「ちょっと、そういう質問やめてね」などとウルサイことを言う場合も多い。何かとやりにくいのだ。

 アーティストの場合、①気難しい人、②話が抽象的すぎてわかりにくい人、③無口すぎてインタビューにならない人にぶつかる率が高い。①②③の三拍子が揃っている人もいる(泣笑)。
 「インタビュアー泣かせ」としてギョーカイに名を馳せているロック・アーティストなども多い。

 一般人は、一見取材しやすいように思えるが、じつは意外な強敵である。
 なにしろ「生まれて初めて取材というものを受けた」相手が大半だから、うまく話を引き出すためには技術を要するのだ。
 話がなかなか要領を得なかったり、レコーダーのスイッチを押したとたんに緊張して黙りこくってしまったり(だから、一般人相手の取材ではレコーダーを使わないことも多い)……。

 むろん、以上のことはあくまで一般論で例外もあるし、私とは感じ方がちがうライターもいるだろう。

 こんなことを考えるのは、私がどちらかというと取材が苦手(昔に比べればかなりましになったが、いまだに苦手意識アリ)だからでもある。
 「取材が得意で、好きでたまらない」というライターなら「弘法筆を選ばず」で、「芸能人は取材しにくい」なんてことは言わないだろう。


 ちなみに、これまででいちばん取材しやすかった人を挙げるなら、政治評論家の福岡政行さん(白鴎大学教授、立命館大学客員教授)である。

 福岡さんに対する取材は、こんな感じ。

「先生、今日は〇〇についてと〇〇について、この2点を伺いたいのですが……」
「うん、わかった。1時間くらいでいいね?」

 それで、「スイッチオン!」。そこからはもう、こちらはときおり相槌を打てばオーケイである。1時間きっかりで、テープ起こしすればほとんどそのまま記事に使えるような話をしてくださる。
 しかも、話の中にはタイトルになるようなフレーズ、小見出しに使えるフレーズがきちんと入っているし、笑いなどの読者サービスまで盛り込まれているのだ。
「いやー、すごい話術だ」
 と舌を巻いた。

 福岡さんについて、「選挙予測が外れすぎ」という批判の声をたまに聞くが、選挙予測の的中率はともかく、話術については天下一品である。ダテにテレビの世界で売れっ子であるわけではないのだ。
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
15位
アクセスランキングを見る>>