町山智浩『底抜け合衆国』

  底抜け合衆国―アメリカが最もバカだった4年間の画像

 年末進行の修羅場をやっとくぐり抜けた。まだいくつか仕事が残っているが、年内は「平常営業」程度の仕事量。

 昨日は、ほぼ徹夜で原稿を仕上げたあと、朝から別の取材で京都へ。京都へ行くのは久々なのだが、日帰り取材なので観光する余裕なし。
 さすがに帰宅したらもうヘロヘロ。今日は昼まで爆睡してしまった。


 町山智浩著『底抜け合衆国/アメリカが最もバカだった4年間』(洋泉社/1500円)読了。
 「町山智浩アメリカ日記」でおなじみ、米カリフォルニア在住の映画評論家が、2000年から2004年にかけて各誌に寄せた「アメリカ・ネタ」のコラムを集めたものである。

 当然映画ネタが多いのだが、4年分のコラムを通読すると、「9・11」からイラク戦争へとつづく米国社会の激動が、背後に一本の線として浮かび上がる。「ブッシュ政権下で激変するアメリカ」をつぶさに描いたレポートとしても秀逸だ。

 2000年に書かれたコラムは「お笑いコラム」という感じなのに、著者の筆致はしだいに深刻の度を増していく。最後に収録された「華氏911日記」は、すっかり大マジである。

 長短さまざまな文章を収めているが、長いものほど面白い。短いコラムは総じて「こんな出来事がありました」という紹介だけに終わっていて、いまいち。

 前にも書いたが、私は、町山氏による正攻法の「アメリカ文化論」が読んでみたい。本書のような「コラムの寄せ集め」ではなく、大長編の本格的な「論」の形で……。絶対に面白いはずである。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

読書感想「底抜け合衆国」

読書感想「底抜け合衆国」底抜け合衆国―アメリカが最もバカだった4年間【はてなダイアリー】http://d.hatena.ne.jp/asin/4896918436【評価】★★★★......

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>