本郷和人『天皇はなぜ万世一系なのか』



 本郷和人著『天皇はなぜ万世一系なのか』(文春新書)読了。

 9年前に出たもの。著者は日本中世史が専門の歴史学者(東京大学史料編纂所教授)である。

 「万世一系」についてもっと知りたいと思って読んだのだが、タイトルと内容がひどく乖離した羊頭狗肉な本であった。

 内容に即したタイトルにするとしたら、『世襲の日本史』というところ(※)。日本社会が、平安時代から「世襲に重きを置いて歩んでき」たことが概観されている。

※書いたあとで気付いたが、著者はつい先月、ズバリ『世襲の日本史』というタイトルの本を出した。本書とどれくらい内容がかぶっているのかは知らないが。


 日本の国では世襲と才能がどう関わりをもち、どういう統治権力を構成していたのか。それを考えてみたいのです。(「はじめに」)



 「世襲の日本史」の重要な一要素として、歴代天皇の話も随所に出ることは出る。ただし、万世一系について論じられるのは、ほぼ終章のみである。

 にもかかわらず、なぜこのタイトルになったのか? 著者のせいではないだろうが(書籍のタイトル決定には版元の意向が強く反映される)、モヤモヤする。

 私同様、万世一系について知りたいと思って手を伸ばす人は、終章だけ読めば十分だ。そして、この終章はなかなか面白い。

 平安時代から一千年間、世襲に重きを置いてきた日本だが、明治政府は「初めて官僚によって運営」された。


 高官たちは下級武士の出身がほとんどで、才能を根拠として登用されています。そこには世襲の論理がないのです。(187ページ)



 世襲の論理を否定した政府を打ち立てた明治維新は、それゆえに「日本史上で最大の変革であるといわざるを得ない」と、著者は言う。

 だが、「日本社会は長いあいだ世襲で動いてきている」ので、才能を根拠に支配者層を選ぶ明治政府のありようは、「すぐには民衆の理解を得られない」。
 だからこそ、そのギャップをやわらげるためのいわば〝クッション〟として、「明治政府は天皇を前面に押し出した」というのが著者の見立てだ。

 そのうえで、著者は〝これからの万世一系〟について、次のように述べる。


①万世一系は明治維新において強調された概念であること。
②日本は世界の中で、すでにきちんと座を占めている。つまり、もう無理やりにアイデンティティを強調する必要がないこと。
それに加えて、
③さすがに天照大神や神武天皇の物語は歴史事実ではなく、神話であると多くの人が認識していること。
も考慮した時に、もはや「万世一系」にこだわる必要はないように思いますが、どうでしょうか。(202~203ページ)



 現代における世襲政治家の跋扈にウンザリしている人も多かろうが、日本はずーっと昔から世襲社会だったのである。それがわかったことは収穫だった。

 もう一つ難点を挙げると、「はじめに」と「おわりに」の自分語りがウザい(笑)。大部分の読者は、べつに著者のことが知りたく読むわけじゃないのだから。

 ちなみに、来月にはこの『天皇はなぜ万世一系なのか』の増補版(令和までの話などを増補)が、『権力の日本史』と改題されて同じ文春新書から出るようだ。
 元タイトルの羊頭狗肉ぶりは、やはり相当不評だったと見える(笑)。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
30位
アクセスランキングを見る>>