『麻雀放浪記2020』



 『麻雀放浪記2020』をNetflixで観た。



 ピエール瀧逮捕問題に巻き込まれたり、何かと不遇な映画である。
 あまり期待しないで観たのがよかったのか、けっこう面白く感じた。

 突然起きてあっという間に日本が敗けた戦争のせいで、2020年の東京五輪が中止になってしまった至近未来の東京が舞台。
 そこに『麻雀放浪記』の主人公「坊や哲」が1945年からタイムスリップしてくるという、奇想天外な設定だ。

 その設定は事前にネット記事で読んで知っていたため、「わりと政治的な主張が盛り込まれているのかな」と思っていた。
 実際に観てみれば、戦争については二、三のセリフで触れられるのみで、内容にはほとんど関係なし(日本がどの国に敗けたのかさえ語られない)。政治色など薬にしたくもない。

 東京五輪についても同様だ。
 「五輪が中止になったから、代わりに麻雀五輪を開催する」というフザけた展開(笑)になってはいるが、それ以外は五輪関係なし。

 阿佐田哲也の小説を和田誠が映画化した名作『麻雀放浪記』へのオマージュが随所にあるものの(ドサ健や出目徳も登場)、全体にコメディ寄りに振っているし、オリジナルとはまったく別物だ。

 ただ、作り手側が中途半端に照れたりせず、「真剣に遊んでいる」姿勢は好ましいと思った。
 坊や哲(斎藤工)が2020年の東京で「ふんどしの哲」として人気者になるとか(笑)、「ううむ……、振り切ってるなァ」という感じ。

 私自身は麻雀をやったことがないし、ルールも知らないので、私には気付けなかった微妙なくすぐりもいろいろあるのだと思う。
 その意味で、麻雀好きの人が観たらもっと楽しめるかも。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
30位
アクセスランキングを見る>>