『漫画原作者・狩撫麻礼 1979-2018』



 狩撫麻礼を偲ぶ会・編 『漫画原作者・狩撫麻礼 1979-2018――《そうだ、起ち上がれ!! GET UP . STAND UP!!》 』(双葉社/1944円)読了。

 2018年1月に亡くなったマンガ原作者・狩撫麻礼の追悼ムックである。

 生前の狩撫が多くの仕事をした4つの出版社――双葉社・小学館・KADOKAWA・日本文芸社の「共同編集」という、この手のムックではおそらく前例のない形で作られている。

 狩撫麻礼と「セッションした」(=仕事を共にした)マンガ家たち、狩撫作品を映像化した監督たち、交友のあったマンガ家・マンガ原作者、彼の作品に深く影響を受けた小説家、伴走した担当編集者たちなど、縁深い60数名が登場。
 彼らは、マンガ・イラスト・インタビュー・対談・文章など、それぞれのスタイルで、狩撫麻礼の人となりや彼との思い出を語っている。

 本の隅々にまで、狩撫麻礼へのリスペクトと愛があふれている。詰め込まれた熱量がすごいし、資料的価値もすこぶる高い。

 つい2ヶ月ほど前、私は『闇金ウシジマくん』の完結記念ムック(『闇金ウシジマくん本』)を買い、その内容の薄さにガッカリした。
 比べるのも酷だが、同書と本書は、マンガ関連ムックの「悪い見本」と「よい見本」だと思う。

■関連エントリ→ 『漫画家本SPECIAL  闇金ウシジマくん本』

 面白い記事はたくさんあるが、私がベスト3を選ぶなら、カネコアツシ、江口寿史、櫻井稔文(桜井トシフミ、桜壱バーゲンとしても知られる)という、3人のマンガ家たちへのインタビューだろうか。
 とくに、カネコと櫻井へのインタビューは、そのまま一編のマンガになりそうなほどドラマティックで面白い。

 狩撫麻礼について語るべき人たちが、漏れなく登場している印象。

 惜しむらくは、谷口ジローが狩撫よりも先に亡くなったことだ。
 『青の戦士』『ナックル・ウォーズ』『LIVE!オデッセイ』といった初期傑作で仕事を共にした谷口は、マンガ家の立場から原作者・狩撫麻礼を語る最適任者だったはずだから……。

■関連エントリ
ひじかた憂峰・たなか亜希夫『リバースエッジ 大川端探偵社』
田辺剛・カリブsong『サウダージ』

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
30位
アクセスランキングを見る>>