石川明人『キリスト教と日本人』



 石川明人著『キリスト教と日本人――宣教史から信仰の本質を問う』(ちくま新書/972円)読了。

 この著者(桃山学院大学准教授)は、とてもよい本を書く。
 私が彼の著書を読むのはこれが3冊目だが、過去2冊――『キリスト教と戦争』と『私たち、戦争人間について』は、それぞれ私の年間ベスト5には入る好著であった。

■関連エントリ
石川明人『キリスト教と戦争』
石川明人『私たち、戦争人間について』

 著者の専門は宗教論と戦争論であり、「宗教と戦争」をテーマにした著作が多い。
 本書のテーマは書名のとおり「キリスト教と日本人」であるが、やはり随所に「宗教と戦争」をめぐる話が出てくる。
 とくに、戦国時代のキリシタン大名を軍事的に支えたのが宣教師たちだった――つまり宣教師たちが積極的に「戦争協力」していた――という話は衝撃的だ。

 「あとがき」にはこうある。

 これはキリスト教の入門書ではなく、日本キリスト教史の解説書でもない。本書は、宗教とは何か、信仰とは何か、ということについての、長々とした「問い」そのものだと言ってもいい。



 本書の副題が「宣教史から信仰の本質を問う」であるのは、そうした意図ゆえなのだ。その意図は、第6章「疑う者も、救われる」にいちばんはっきりと示されている。 
 ただ、そこまでの5章は、「日本キリスト教史の解説書」として読んでも十分有益である。
 フランシスコ・ザビエルらによるキリスト教伝来から説き起こし、長いキリシタン弾圧を経て、現代日本におけるキリスト教まで、数百年の歴史が一望できるのだ。日本人とキリスト教をめぐる先行研究にも広く目配りされ、その研究史の概説として読むこともできる。

 著者自身もキリスト教徒だそうだが、内容に「護教」的な偏りはない。キリスト教史の暗部についても中立公平に記述しているのだ。それは本書のみならず、過去の著作にも共通する姿勢である。
 だが、そうした姿勢ゆえ、著者は他のキリスト教徒から批判されることもあるという。

 キリスト教徒の中には、その宗教に対して懐疑的なことも言う私のような者はキリスト教徒ではないと考える方もいらっしゃるようで、かつて、ある年上の信徒の方から、あなたには信仰がない、と言われたこともある(16ページ)



 敬虔なキリスト教徒からは、そう見える面もあるのかもしれない。が、非キリスト教徒の私から見ると、著者によるキリスト教の暗部への批判は、しごくまっとうである。

 たとえば、キリシタン弾圧を紹介するにあたっても、宣教師たちが仏教弾圧も指導した〝加害者〟としての一面を持っていたことを、公平に紹介している。
 また、宣教師の中に人格高潔な人もいた一方で、日本人と日本の宗教への蔑視を隠そうともしない傲慢な者もいたことが紹介されている。

 くり返し映画化された遠藤周作の『沈黙』など、物語の中のキリシタンと宣教師たちは、もっぱら〝迫害された善良な被害者〟としてのみ描かれてきた。それが一面に偏った像であることを、本書は教えてくれる。

 日本でキリスト教が受け入れられず、過酷な迫害がなされるようになったのは、もっぱら日本人の側の無理解と差別のみが原因というわけではない。キリスト教の側が一方的に純粋な被害者だったのかというと、決してそう単純な話でもないのである。
 かつて、ヨーロッパのキリスト教徒たちは、外国に行っては現地の宗教文化を排斥し、壊滅させ、反抗する原住民を虐殺してきた。暴力を用い、経済的に搾取し、同時に宣教師を送り込んで、キリスト教徒を増やしていった。(中略)
 しかし、日本はヨーロッパのキリスト教徒による侵略が当たり前だった時代に、それをさせなかった。あるいは、それをされずに済んだ。そのことが日本にキリスト教が広まらなかった理由の全てとは言わないまでも、重要な背景の一部であることは確かである。(228ページ)



 本書は、キリスト教徒が読むと不快な面があるかもしれない。むしろ、非キリスト教徒にとってこそ興味深く読める本である。

 第6章「疑う者も、救われる」だけは、全体から見るとやや異質。ここではそこまでの5章分の議論をふまえ、「宗教とは何か、信仰とは何か」という根源的な問いが提起されているのだ。

 著者は、「何かを真理だと信じ込んで『疑わないこと』、すなわち『思考の停止』が信仰なのかというと、決してそう単純なものではない」(271ページ)とする。
 そして、神学者パウル・ティリッヒの著作をふまえ、次のように書くのだ。

 真剣に真理を探求している限り、懐疑は信仰と矛盾しない。誠実な求道の精神による疑いのみならず、虚無感や絶望による疑い、さらには神に対する呪詛のなかにさえ、「究極的な関心」(=信仰)がありうる。神への「疑い」も、疑いや否定という形でその人の目は依然として神に向けられているからだとされる。宗教批判さえ、逆説的に宗教的でありうる。
 つまり、疑う者も、救われるのだ。(276ページ)



 この第6章は、著者のことを「信仰がない」と批判したという、年長のキリスト教徒に向けた反論でもあるのだろう。

 「キリスト教と日本人」という切り口から、信仰の本質を真正面から問う力作。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
30位
アクセスランキングを見る>>