澤村伊智『などらきの首』



 澤村伊智著『などらきの首』(角川ホラー文庫/690円)読了。

 「比嘉姉妹シリーズ」4冊目にして、初の短編集である。

 収録作6編がそれぞれタイプの異なる作品で、多彩。
 「ワンパターンには陥らず、どんどん新しい趣向に挑戦するぞ」という作者の覚悟を感じさせる。その意気やよし。

 のちに結婚する比嘉真琴と野崎の最初の出会いが描かれた「ファインダーの向こうに」、『ずうのめ人形』で非業の死を遂げた比嘉美晴(真琴の姉で琴子の妹)の小学生時代を描く「学校は死の匂い」、野崎が高校生のころに出合った最初の怪異を描く表題作……などが収録されている。

 一見、「比嘉姉妹シリーズ」と無関係に見える作品もある。
 「悲鳴」は、比嘉姉妹の誰も登場しない。だが、シリーズの愛読者なら、登場人物の一人が『ずうのめ人形』で呪いの発信源となった「あの女」であることがわかる。つまり、これは『ずうのめ人形』の前日譚なのだ。

 また、「居酒屋脳髄談義」は、途中までは居酒屋で3人のおっさんサラリーマンが部下のOLにモラハラ・セクハラ的議論を吹っかけるだけの話に見える。ところが、最後まで読むと、じつは比嘉姉妹シリーズであることがわかる仕掛けなのだ。

 澤村伊智は技巧的構成を得意とする作家だが、本書の6編にもその才がいかんなく発揮されている。
 「ああ、こういうオチね」と思わせておいて、その先にさらなるどんでん返しのオチがあったりして、トリッキーな仕掛けが幾重にもなされているのだ。

 私が気に入ったのは、「学校は死の匂い」「ファインダーの向こうに」「ゴカイノカイ」の3編。

 とくに「学校は死の匂い」は、今年の日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞したことでもわかるとおり、短編としてすこぶる完成度が高い。
 よくある「学校の怪談もの」のホラーと思わせておいて、じつはその怪談の裏には過去の隠蔽された事件が……というどんでん返しのミステリになる構成が見事。ラストシーンのゾワっとくる怖さも鮮烈だ。

 澤村伊智は短編もうまいなァ、と感心させられる一冊。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>