春日武彦・平山夢明『サイコパスの手帖』



 春日武彦・平山夢明著『サイコパスの手帖』(洋泉社/1404円)読了。
 精神科医と鬼畜作家による対談集の第4弾。
 
 この2人の対談集は一貫して狂気をテーマにしているが、本書は前作『サイコパス解剖学』につづき、サイコパスをめぐる対談集の第2弾である。

■関連エントリ
春日武彦・平山夢明『サイコパス解剖学』
春日武彦・平山夢明『「狂い」の構造』

 春日が「おわりに」で、「またしても顰蹙ものの放談大会である」と書いているとおり、これはサイコパスについて真面目に考察する本というより、「サイコパスを面白がる」不謹慎な本である。
 著者2人の不謹慎ぶりに耐性がある人――具体的には平山夢明の鬼畜小説を楽しめる人など――なら、本書も楽しめるだろう。

 本書は一部が、サイコパスがらみの映画を取り上げた〝トラウマ映画ガイド〟になっている。その点が前作とのいちばんの相違点である。ともに映画好きである2人の映画談義は、なかなか読ませるものになっている。

 「ためになる」というタイプの本ではないが、前作よりも内容は濃いと感じた。
 印象に残った一節を引いておく。

多頭飼いは心の隙間を猫や犬とかで埋めるわけじゃない。猫屋敷とゴミ屋敷って、俺から言わせれば、心の隙間を猫で埋めるかゴミで埋めるかの違いだけだよ(春日の発言)



平山 気配りって、作品を作るうえではあまりプラスにならないんですよね。
春日 全然ならないよ。気配りって、つまり平均や中庸を目指すものだから、創造の敵ですよ。



(整形依存に陥る理由の説明として)自分が想像する整形後のイメージとさ、実際の手術後のイメージが完全に一致するのって、難しいんじゃない。整形前は「ここさえなんとかすれば」ってひたすらピンポイントで思っているけど、整形後は全体のバランスのなかでメスを入れた部分を眺めるんだから、ギャップが生じて当然だよね。そのギャップが大きければ大きいほど、それを埋めようとしてさ、どんどんハマっていくような感じがあるんじゃないかな(春日の発言)



実は人類とか生命体は、サイコパすぃな人がある一定の割合で存在しないとダメなんじゃないですかね。なんか、サイコパスが存在することで、いい感じのバランスが保たれているみたいな(平山の発言)



 これは他のサイコパス本でもよく言われることで、たとえばマーサ・スタウトはその理由を戦争に求めている。サイコパスはきわめて優秀な殺人者になれるから、戦争がある以上、人類はサイコパスを必要とするのだ、と。

■関連エントリ→ マーサ・スタウト『良心をもたない人たち』

サイコパスな奴らって、課題とか目標がないですからね。(中略)強いて目標みたいなことでいえば、どれだけ相手が「参った」って言ったかが、サイコパスの心の貯金箱に入る。チャリンチャリン入るだけだから、相手が参ったって言う回数が多ければ多いほど嬉しいんですよ(平山の発言)



 平山夢明らしい独創的な言語感覚も随所で炸裂している。「香ばしい」みたいな感じで頻用される「サイコパすぃ」という言葉が妙におかしくて、私も使いたいと思った。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>