『バハールの涙』



 『バハールの涙』をDVDで観た。



 イスラム原理主義過激派組織「IS(イスラム国)」によってイラクのクルド人自治区が襲撃され、男たちは殺され、女たちは性奴隷として売られ、子どもたちはISの戦闘員として育てるために連れ去られた……現実に起きたそのような悲劇をベースにした映画である。

 ヒロインのバハールはフランス留学の経験もある弁護士で、家族とともに幸せに暮らしていた。彼女の村をISが襲撃し、夫は殺され、まだ幼い息子は連れ去られる。バハールは性奴隷として4度に渡って売られるが、命がけで脱出する。

 そして、「被害者でいるよりは戦いたい」という仲間の言葉に突き動かされ、元性奴隷の女性たちを集めた小さな部隊を結成し、息子を取り戻すためにISと戦う道を選ぶのだった。その部隊の名が「太陽の女たち」で、この映画の原題(Les Filles du Soleil)でもある。

 バハールは架空の人物だが、女性たちで構成された対IS抵抗部隊があったのは事実である(→「ISと戦う女性兵たちの正義と美と自由」)。バハールの人物像も、ISに拉致され脱出した女性たちの証言をベースに創られている。

 もう一人のヒロインになるのが、戦場ジャーナリストのマチルド。「太陽の女たち」部隊に密着して命がけの取材を行う彼女と、隊長バハールの間に生まれる友情が、ストーリーの横糸になる。

 マチルドも架空の女性だが、「アイパッチをした戦場ジャーナリスト」として知られたメリー・コルヴィン(シリア取材中に砲弾を受けて亡くなった)がモデルになっている。コルヴィン自身の生涯も、『A PRIVATE WAR』(2018年、アメリカ)という映画になった。



 IS戦闘員の間では(てゆーか、イスラム原理主義者の間では)、「女に殺されると天国に行けない」と信じられており、それゆえに女性たちの部隊はとりわけ恐れられたという。すごい話だ。

 レイプの直接的描写は注意深く避けられているが、ISによる女性たちの扱いはひどく、正視に耐えないようなシーンもある。

 それでも、バハールが兵士となってからは、心に残るシーンやセリフが多い。「奴ら(IS)が殺したのは私たちの恐怖心だ!」と隊員たちを鼓舞し、命がけの戦闘に打って出るバハールは、凛々しくも美しい。

 なお、本作のソフトが「戦争アクション大作」と銘打たれて売られていることに、私は強い違和感を覚えた。たしかに戦闘シーンは多いが、娯楽的な「戦争アクション」ではけっしてないからである。
 あえてカテゴライズするなら「女性映画」だろう。それも、とびきり力強い女性映画だ。

 あと、「自爆兵士」を意味する言葉として「カミカゼ」という日本語が使われていたので、ちょっとビックリ。神風特攻隊の名は世界に知られているのだね。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>