『メアリーの総て』



 『メアリーの総て』をDVDで観た。



 ゴシック・ホラー小説の原点にして、SF小説の原点とも評される『フランケンシュタイン』。この名作を生み出したメアリー・シェリーの物語。

 『フランケンシュタイン』の誕生を描いた映画には、過去にケン・ラッセルの『ゴシック』などがあるが、本作は監督も女性(サウジアラビア初の女性映画監督ハイファ・アル=マンスール)であり、フェミニズム的観点から描かれた女性映画になっているのが特徴。

 フェミニズムの先駆者メアリー・ウルストンクラフトを母に、アナキズムの先駆者ウィリアム・ゴドウィンを父に持つメアリーは、物書きとしての才能に恵まれたサラブレッドとも言える。

 だが、生後すぐに生母を喪い、継母との折合いが悪かった彼女の少女時代は孤独であった。
 メアリーはロマン派の若手詩人シェリーと恋に落ちるのだが、シェリーには妻と幼い娘がいた。シェリーとの日々も、彼女を孤独から救いはしなかったのだ。

 きわめて独創的な傑作『フランケンシュタイン』を書き上げて才能を開花させたとき、メアリーはまだ18歳の若さ。いまなら、美貌と才能を兼備した若き女流作家として、時代の寵児になるだろう。

 だが、19世紀のイギリスでは、「若い女が書いた怪物の物語など、誰も読まない」と、多くの出版社が刊行を拒否。その果てに、作者を匿名とし、人気詩人である夫シェリーの序文をつけることを条件に、初版わずか500部で『フランケンシュタイン』は刊行される。

 メアリーは、18歳で迎えたデビューの日までに、一般の女性3人分くらいの波乱万丈な人生を経験していた。その波乱の数々が描かれた本作は、静謐な雰囲気ながらもドラマティックだ。

 一人の作家、一つの名作の誕生プロセスを描いた物語。
 そしてメアリーは、作家としての誕生と同時に、女性としての精神的自立をも果たす。それまでに味わった深い孤独をエネルギーに昇華して……。

 メアリー役のエル・ファニング(ダコタ・ファニングの妹)が、儚いなかにも凛とした美しさを表現して、出色の熱演。

 シェリーや詩人バイロンなど、彼女の周囲の男たちは遊び呆けてばかりいて、身勝手でろくでもない。
 まあ、当時の英国の詩人たちはおおむねこのような存在だったのかもしれないが。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>