『ギャングース』



 『ギャングース』をDVDで観た。
 鈴木大介(ルポライター)・肥谷圭介(マンガ家)コンビによる同名マンガの映画化。



 『ギャングース』というタイトルは、ギャングとマングースの合成語である。
 マングースが毒蛇と戦うように、ギャング(犯罪者集団)専門のタタキ(窃盗・強盗)を稼業とする主人公3人組を指している。
 ギャングたちは、タタキ被害に遭っても警察に届けることができない。ゆえにターゲットをそこに絞っているわけだが、当然、捕まれば警察に逮捕される以上の制裁が待っている。

 極貧の崩壊家庭に育った少年院上がりで、犯罪で食っていく以外に道がなかった主人公3人――。
 彼らは、鈴木大介のルポ『家のない少年たち』(マンガ『ギャングース』がヒットしたため、文庫版では『ギャングース・ファイル』と改題)に登場する実在の少年たちをモデルにしている。

■関連エントリ→ 鈴木大介『家のない少年たち』

 触法少年少女など、社会の底辺に生きる者たちに取材した鈴木の一連のルポは、彼にしか書けない社会的意義の高いものだと思う。
 ルポがベースになっているからこそ、この映画の犯罪描写、裏社会の人間たちの描写はすこぶるリアルだ。

 ストーリーの核となるのは振り込め詐欺集団だが(主人公3人組はその「上がり」を強奪しようとする)、それも、振り込め詐欺グループに取材した鈴木の著作『老人喰い』を参考にしている。

■関連エントリ→ 鈴木大介『老人喰い』

 金子ノブアキ演ずる振り込め詐欺グループの番頭が、部下たちに振り込め詐欺の社会的意義(!)を熱弁するシーンがあるが、ここなどは『老人喰い』そのままだ。



 主人公たちがくり返すタタキは、もちろん犯罪である。それでも、観ているうちにだんだん彼らに感情移入し、応援したくなってくる。原作のマンガや鈴木大介のルポのファンにも、十分納得のいく映画化だと思う。

 役者たちも揃って好演。とくに、3人組の一人・カズキを演じた加藤諒は、「彼以外にはありえない」と思わせるハマりっぷりだ。

 振り込め詐欺集団のボスを演じたロック・アーティストのMIYAVIも、強い印象を残す。
 MIYAVIは、ハリウッド映画『キングコング:髑髏島の巨神』でも日本兵役を好演していた。今後、俳優としても十分やっていけるだろう。

 ただ、元「AKB48」の篠田麻里子が、刺身のツマみたいな脇役をさせられているのが、なんとも不憫。かりにも元トップアイドルなのに、こんなもったいない使い方をしてはイカンと思う。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>