真鍋昌平『アガペー』



 真鍋昌平の『アガペー』(ビッグコミックス/638円)を読んだ。

 『闇金ウシジマくん』の真鍋が、2011年から19年にかけて、折々に発表してきた短編4編を集めた最新短編集。

 あえて『ウシジマくん』の最終巻(46巻)と同日発売にしたのは、〝ここに収められた4編がいずれも『ウシジマくん』と地続きである〟と読者に示すためであろうか。

 4編のうち2編は『スピリッツ』と系列誌に発表されたものであり、残り2編は講談社のマンガ誌(『ヤンマガ』と『モーニング』)に発表されたものである。
 それはともかく、4編とも、『ウシジマくん』を長期連載するなかで生まれた、ある種のスピンオフなのだと思う。

 コミックスの帯には、次のような惹句が躍っている。


『闇金ウシジマくん』と歩いた15年。著者が取材を通じて感じ取った「現実」を魂ゆさぶるドラマに昇華した傑作短編集



 『ウシジマくん』の濃密な取材で得た事実の中には、同作に描ききれなかったことがたくさんあるはず。その一部を活かしたのが、本作の4編なのだろう。

 ただし、『ウシジマくん』に多数登場した裏社会の人間たちは、ここには出てこない。もっと平凡な市井の人々の物語である。

 その分だけ『ウシジマくん』より薄味で、インパクトに欠けるうらみもある。が、ありふれた日常の中にふと顔をのぞかせる〝崩壊の予兆〟〝転落への裂け目〟を切り取る手際の鮮やかさは、『ウシジマくん』そのものだ。

 『ウシジマくん』なら、その崩壊や転落の様子まできっちりと描いた。
 対照的に、本書の4編はそこまで描かずに寸止めする。きわどいバランスの上に成り立った登場人物の日常が、日常のままつづいているところで幕となるのだ。
 ゆえに、「えっ? これで終わり?」という尻切れトンボ感もなくはない。が、私はこの〝不穏さを孕んだ日常〟の描写が気に入った。

 真鍋昌平が次の連載(『スピリッツ』での新連載がすでに決まっているらしい)で、『闇金ウシジマくん』的な作品を描きつづけるのか、それとも新境地を開拓するのか? その分岐点・汽水域のような短編集である。
 真鍋がどちらを選ぶのかは、本書からは判断がつかない。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
18位
アクセスランキングを見る>>