富井真紀『その子の「普通」は普通じゃない』



 富井真紀著『その子の「普通」は普通じゃない――貧困の連鎖を断ち切るために』(ポプラ社/1620円)読了。

 著者は貧しい崩壊家庭に育ち、中卒で社会に出て10代でシングルマザーになり、一時は「夜の世界」に入って道を踏み外しかけた人。
 しかしその後、児童虐待防止活動や「子ども食堂」など、子どもたちやシングルマザーなどを貧困から救うための活動をするようになる。

 現在の社会活動(代表理事を務める「一般社団法人日本プレミアム能力開発協会」での取り組み)のことがメインの本かと思って手を伸ばした。だが実際には、著者の壮絶な半生を綴った自伝のほうがメインであった。

 全体の3分の2ほどが自伝パートで、残り3分の1ほどが現在の活動の紹介だ。とはいえ、自伝パートにも読み応えがあるので、結果的には読んでよかった。

 著者のこれまでの半生がすさまじい。


 お金がない家でした。
 母は私を産んだ半年後に失踪。
 父は職を転々とし、給料をすべてパチンコに注ぎ込むギャンブル依存症。



 両親とも、絵に描いたようなドクズ。父親は著者の給与や出産助成金(!)まで盗んではパチンコに費やす。成人後に再会を果たした実母は、会ったその日に著者に金を無心する。

 そのうえ、現在の夫もまた崩壊家庭に育った人であったり、夫の前妻が薬物依存で何度も刑務所に入ったあげくに自殺していたり、実姉が3人の子どもを置いて浮気相手と失踪し、現在も行方不明であったり……。

 「貧困の連鎖」の恐ろしさを垣間見せる半生だ。
 そのような波乱万丈の年月を経て、著者が学ぶことによって貧困の連鎖を断ち切ろうと決意し、力強く歩み始めるまでが綴られている。

 とりわけ素晴らしいのは、著者が自らの貧困脱出だけにとどまっていない点。他の多くの子どもたち、貧しいシングルマザーたちを救うための利他行動にまで踏み出しているのだ。

 「貧困の連鎖は断ち切れると実証している人生が、ここにある。希望をありがとう」という、湯浅誠が本の帯に寄せた推薦の辞そのままの本である。

 一つだけ難を言えば、著者が性風俗で働いていた時期があることに本書では触れられていない(湯浅誠が2017年に「Yahoo!ニュース 個人」で書いた、著者についての紹介記事には出てくる)のは、いかがなものかと思った。

 おそらく、編集サイドの「よかれ」と思っての配慮でそうなったのだろう。
 だが、ほかのことについてはつらい過去もすべてさらけ出しているのだから、風俗経験についても赤裸々に書いてほしかった。そうであってこそ、同じような境遇の女性たちに希望を与える本になっただろう。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
25位
アクセスランキングを見る>>