ウォルター・アイザックソン『レオナルド・ダ・ヴィンチ』



 ウォルター・アイザックソン著、土方奈美訳『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(文藝春秋/上下巻各2376円)読了。読むのに丸一日かかったが、それだけの価値がある本だった。

 世界的ベストセラー『スティーブ・ジョブズ』で知られる現代最高の評伝作家が、「万能の天才」レオナルド・ダ・ヴィンチを描いた話題作。

 レオナルド・ディカプリオ主演による映画化が、すでに決定しているという。本書の訳者あとがきで知ったのだが、ディカプリオが「レオナルド」という名になったのは、母親が彼を妊娠中に美術館でダ・ヴィンチの絵を観ていたとき、お腹の中から蹴ったことが由来なのだとか。

 著者はジョブズ以外にも、アインシュタインやベンジャミン・フランクリンなどの評伝を手がけてきた。イノベーティヴな天才を好んで描いてきた作家なのである。その彼がダ・ヴィンチに挑んだのも、自然な成り行きというものだろう。

 ダ・ヴィンチの評伝はすでに汗牛充棟なわけで、ありきたりなアプローチでいまさら評伝を書いても、屋上屋を架すことにしかならない。著者は美術にも造詣が深いようだが、美術の専門家ではないのだから、なおさらだ。

 類書との差別化のため、著者が選んだ独創的なアプローチは2つ――。

 1つは、7200枚に及ぶダ・ヴィンチの自筆ノートの内容を精緻に分析し、それを中心に据えて生涯を辿っている点。著者は、公開を前提としていなかった自筆ノートの中にこそ、ダ・ヴィンチの内面が表れていると踏んだのだろう。
 過去の評伝が、絵画や公的な記録など、いわば〝外面に表れたダ・ヴィンチ〟を中心に据えているのとは逆のアプローチである(むろん、絵画や公的な記録などにも十分目配りされているが)。

 もう1つは、画家としての側面のみならず、科学者・軍事顧問・舞台演出家などとしての側面にも等価に光を当てて、総合的な〝人間ダ・ヴィンチ〟を描いている点である。

 「等価に」というところが重要だ。過去の評伝の多くには、画家としてのダ・ヴィンチに最も価値を置き、それ以外の側面を軽視するバイアスがあった。

 それらの評伝作家は、〝ダ・ヴィンチが舞台演出や空想的な発明などにうつつを抜かさず、画業のみに集中していたら、もっと多くの名画を完成させられただろうに……〟と嘆いてみせたりした。
 周知のとおり、ダ・ヴィンチには絵画作品を未完成のまま放り投げる悪癖があった。また、ある科学的探求に夢中になると、絵など眼中になくなることもよくあった。そうした事実をふまえての嘆きである。

 だが、著者はそのような決めつけをしない。ダ・ヴィンチを〝子どものような好奇心を持ちつづけ、その探求に生涯を費やした人〟として捉え、好奇心の迸りにこそ彼の天才性を見出すのだ。

 ダ・ヴィンチは、〝絵を描くしか能がないタコツボ的天才〟ではなかった。「空はなぜ青いのか?」から「キツツキの舌はどんな構造か?」に至るまで、世界のあらゆる謎に好奇心を向け、並外れた観察力や想像力を駆使してその謎を解くことに歓びを見出した人だった。

 〝画業が中心で、他は余技〟などと決めつけず、ダ・ヴィンチのあらゆる行動を虚心坦懐に辿った結果、著者は一つの結論に達した。それは、「芸術と科学、人文学と技術といった異なる領域を結びつける能力こそが、イノベーション、イマジネーション、そして非凡なひらめきのカギとなる」(序章)ということ。
 ダ・ヴィンチの並外れた創造性のカギも、その「異なる領域を結びつける能力」の高さにあったのだ。

 昨今、〝アートとサイエンスのバランスの重要性〟が指摘され、サイエンス偏重の姿勢からはイノベーションが生まれにくいという反省が、ビジネスの世界などで生まれている。

 ダ・ヴィンチは巧まずして、アートとサイエンスという異なる領域の往還を日々くり返した。そしてそこから、時代に何百年も先駆ける多くのイノベーションを起こしてきた。「アートとサイエンスのバランス」の最高のお手本が、そこにはあったのだ。

 今年はダ・ヴィンチ没後500年にあたる。はるか500年の時を越え、21世紀の我々が学ぶべきものが、ダ・ヴィンチの生涯にはちりばめられている。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
24位
アクセスランキングを見る>>