ボブ・ウェルチ『スリー・ハーツ』



 ボブ・ウェルチが1979年に発表した2枚目のソロアルバム『スリー・ハーツ』を再聴。
 ソロ1枚目の『フレンチ・キッス』が生涯最高の大ヒットとなり、一躍脚光を浴びるなかで作られたものである。本作も無事に「二匹目のドジョウ」となり、『フレンチ・キッス』には及ばなかったもののヒットし、ゴールド・アルバムになった。

 そんな経緯から、どうしても〝『フレンチ・キッス』の二番煎じ〟と見られがちなアルバムであり、私自身もあまり印象に残っていなかった。が、いまになって聴き返してみたら、なかなかよいのである。

 ボブ・ウェルチはソロ以前に、「パリス」というハードロック・バンドをやっていた。商業的成功はしなかったものの、ツェッペリンをもっとスタイリッシュにしたような都会的ハードロックで、隠れた名バンドであった。

 『フレンチ・キッス』も、元々は『パリス3』――すなわちパリスのサード・アルバムにする予定で作り始めたものだったという。
 そのわりには、『フレンチ・キッス』にはハードロック的要素はほとんどない。わずかに、シングルヒットした「エボニー・アイズ」のギター・リフがハードロック的である程度。

 むしろこの『スリー・ハーツ』のほうが、「『パリス3』になる予定だった」と言われても信じられる。ポップでキャッチーな曲が並ぶアルバムではあるが、ボブ・ウェルチのギターは曲によってはかなりハードに弾きまくっているからだ。

 「チャイナ」のギターなんかもろハードロックだし、ビートルズの「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」のカバーも、ハードかつファンキーなギターが渋い。



 ゆえに、パリスからボブ・ウェルチのファンになった人なら、甘々の『フレンチ・キッス』より、この『スリー・ハーツ』のほうが気に入るはずだ。「どうせ『フレンチ・キッス』の二番煎じだろ」と先入観で判断したり、悪趣味の極みのようなヒドいジャケットで食わず嫌いせず、一聴してほしい。

 ボブ・ウェルチのソロでよいのは、これにつづくサード・アルバム『ジ・アザー・ワン』まで。それ以降のアルバムは、無残なまでにクオリティが下がる。

 ボブ・ウェルチは2012年に拳銃自殺で生涯を終えたが、それは才能の枯渇でアーティストとして行き詰まったためではないかと、私は推察している。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
24位
アクセスランキングを見る>>