『デス・ウィッシュ』



 チャールズ・ブロンソン主演のヒット作、1974年の『狼よさらば』(原題は《Death Wish》)を、ブルース・ウィリス主演でリメイクしたもの。



 『狼よさらば』は大ヒットしたことからシリーズ化され、計5本が作られた。そのうちの第2作『ロサンゼルス』(原題は《Death WishⅡ》)は、なんとレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジが音楽を担当している。

 オリジナルでは設計士だった主人公ポール・カージーの職業が、このリメイク版では外科医になっている。
 その設定変更は、「命を救う職業である医師が、悪人の命を奪う処刑人となるアイロニー」によって、物語のテーマに深みを与えている……ということはあまりなくて、メスや麻酔薬を「処刑」に用いるディテールの都合で変更したのだろう。

 オリジナルは遠い昔に観た記憶しかないが、「暗い映画だなァ」という印象が残った。
 まあ、家に押し入った強盗に妻を殺され、娘をレイプされた(本作ではその点が変えられ、娘は重傷を負って昏睡状態に陥る設定になっている)男が街の悪党を処刑していく話なのだから、暗い映画なのは無理もないが……。

 本作は基本設定こそオリジナルを踏襲しているが、随所に「黒い笑い」をちりばめて、わりと乾いた感触の映画になっている。
 主人公が妻を殺した悪党を殺す場面で、私は2回ほど爆笑してしまった。すごく不謹慎なことを言うようだが、爆笑するようなギャグが仕掛けられているのだ。

 主人公が銃を買いに行く銃砲店で、彼の相手をする爆乳美女店員ベセニーのセールストークも、ドス黒いギャグに満ちている。



 この映画は、警察に代わって悪を成敗する姿にカタルシスを得る単純な「勧善懲悪もの」ではあるが、同時に、アメリカの銃社会を痛烈に皮肉る批評性も秘めているのだ。

 また、スマホやYou Tubeがストーリー上重要な役割を果たすなど、細部が21世紀仕様にアレンジされ、そのアレンジが絶妙な効果を上げている。

 オリジナルの『狼よさらば』は、考えてみれば相当乱暴なストーリーである。家族の復讐のため銃を取ったはずの主人公が、妻殺しの犯人ではない「別の悪人」を片っ端から殺していく話なのだから。

 対して、本作の主人公は、自分とは関係のない麻薬の売人を射殺したりもするが、基本的には妻を殺した犯人たちへの復讐が主軸となる。ゆえに、本作のほうが主人公に自然に感情移入できる。

 また本作は、普通の外科医が突然射撃の名人に変わってしまう不自然さを避けるため、銃の扱い方の基本を知らずにケガをする場面を入れるなど、リアリティへの配慮がわりと細やかである。

 全体として、オリジナル『狼よさらば』より本作のほうが、エンタメとしてウェルメイドだと感じた。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
23位
アクセスランキングを見る>>