ロイ・ブキャナン『ライヴ・アット・タウン・ホール1974~ライヴ・ストック完全盤』



 ロイ・ブキャナンの『ライヴ・アット・タウン・ホール1974~ライヴ・ストック完全盤』を聴いた。

 発売元のPヴァインがつけた惹句には、次のようにある。

《全ギター・ファン必携の世紀の大発掘! テレキャスターの魔術師ロイ・ブキャナン、これがあの大名盤『Live Stock』の全貌だ!!
代表作『Live Stock』の元となった74年のライヴ音源を2枚組21曲にわたり完全収録!!  同作には未収録だったジミ・ヘンドリックス「Hey Joe」、ニール・ヤング「Down By The River」のカヴァーも垂涎!》

 ロイ・ブキャナンの代表作の一つである『Live Stock』は全7曲だったが、元のライヴ(1974年11月27日ニューヨークのタウン・ホールでのショー)は2セット制で、のべ21曲が演奏された。本作は、その2セット/21曲の演奏を、CD2枚組に完全収録したものなのだ。

 というと、「ふーん……。アウトテイクをかき集めて嵩を増やした、よくあるデラックス・エディションだね」と思うかもしれない。私も事前にはそう思っていた。

 が、実際に聴いてみてビックリ! 『Live Stock』収録ヴァージョンより、本作に初めて収録されたもののほうが、総じて演奏の出来がよいのだ。ジミヘンの「ヘイ・ジョー」のカヴァーが2ヴァージョン入っているが、その途中で見せる狂熱の弾きまくりがすさまじい! 鳥肌が立った。



 公式リリースされたものより、アウトテイクのほうがあきらかに出来がよいとは、いったいどういうことなのか?

 日本のロック・ファンの多くがそうだと思うが、私がロイ・ブキャナンの名を知ったのは、ジェフ・ベックの名盤『ブロウ・バイ・ブロウ』の一曲「哀しみの恋人達」(Cause We've Ended As Lovers)に、「ロイ・ブキャナンに捧ぐ」とクレジットされていたのを見たときだ。

 「へーえ、ロイ・ブキャナンって、ジェフ・ベックが曲を捧げるほどすごいギタリストなんだ」と思ってブキャナンのアルバムを聴いてみたものの、地味でじじむさい白人ブルース・ギタリストなものだから、10代のころにはいまいちよさがわからなかった。

 自分が年を取ってからロイ・ブキャナンのよさもわかってきたものの、「地味なギタリストだ」という印象は変わらなかった。
 商業的大成功とは生涯無縁だったし、留置場で自殺を遂げた(公共の場で泥酔したことから留置されていたときに、房内で自分のシャツで首を吊った)という悲劇的な最期も、そのイメージに拍車をかけたし……。

 本作のノリノリの演奏を聴いて初めて、「ベックやエリック・クラプトンがリスペクトした凄腕ギタリスト」としての真の姿に触れた気がする。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
23位
アクセスランキングを見る>>