池上彰『学校では教えない「社会人のための現代史」』ほか



 前に「いつかは読むだろう」と思ってKindle版を買っておいた、池上彰の東工大講義3部作を一気読み。
 計3年分の講義を、各一冊にまとめたシリーズだ。

 3冊はそれぞれ「世界編」「日本編」「国際編」と銘打たれているが、いずれも戦後史・現代史を通しテーマとしたもの。
 なので、一部の内容には重複もあるのだが、同じテーマ(たとえばベトナム戦争など)を取り上げる場合でも、年度によって少し角度を変えて講義している。

 それゆえ、3冊を通読することによって、現代史に関するいっそう明確なパースペクティブが得られる感じ。学生のみならず、社会人の「大人の学び直し」にも好適だ。

 理工系エリートの学生たちだけあって、池上が時折投げかける質問に対するレスポンスも非常によい。これなら池上も教え甲斐があるだろうな、と思う。

 池上彰が山ほど出している一般向け教養書のたぐいが、全部よいとは言わない(そもそも、私も一部しか読んでないし)。が、私が読んだなかでは、『そうだったのか! 現代史』シリーズと、この東工大講義3部作、それに『世界を変えた10冊の本』あたりは、じつによくまとまっている良書だと思う。

■関連エントリ→ 池上彰『世界を変えた10冊の本』

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
30位
アクセスランキングを見る>>