2018年に読んだマンガBEST10



 年末恒例、「今年のBEST10」。最後はマンガのBEST10である。

 基準は、「現在連載中、もしくは今年まで連載していた作品、もしくは今年コミックスが出た作品で、昨年までのBESTには選出していなかったもの」。
 感想を書いたものについては、タイトルをクリックするとレビューに飛びます。

 10作中3作がウェブ連載であるあたりに、時代を感じる。今後は年々、ウェブ連載の比率が上がっていくのだろう。

 順不同だが、しいてBEST3を選ぶなら、『ハコヅメ』『ブルーピリオド』『ランウェイで笑って』の3つだろうか。

泰三子『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』

山口つばさ『ブルーピリオド』

猪ノ谷言葉『ランウェイで笑って』

真造圭伍『ノラと雑草』

吉田覚『働かないふたり』

齋藤なずな『夕暮れへ』

近藤ようこ『見晴らしガ丘にて  それから』
――近藤ようこの初期代表作で、1986年「日本漫画家協会賞優秀賞」を受賞した名作『見晴らしガ丘にて』の、30数年後を描く〝続編〟。
 あの住宅地でいま暮らす人々を描く、珠玉の群像劇。 『見晴らしガ丘にて』登場キャラの30数年後も描かれるなど、正編が好きな人ならなおさら楽しめる。

塩川桐子『ワカダンナ』
――寡作で知られた江戸マンガの名手・塩川桐子が、『コミック乱』(月刊時代劇マンガ誌)という格好の舞台を得て、近年、彼女にしては精力的に作品を発表している。
 これは今年出た短編集。かつての名短編集『ふしあな』よりも、もうちょっと肩の力が抜けた感じが好ましい。

押見修造『血の轍』
――これほど目が離せないサイコサスペンスは、いまほかにない。とにかく絵の迫力がすごい。絵描きとしての押見修造の到達点がここにある。
 あと、全編群馬弁(上州弁)のマンガであり、私にとっては母の故郷の言葉なので、その点にも親しみを覚える。

篠房六郎『おやすみシェヘラザード』
――版元の惹句にいうとおり、「誰も見たことの無い映画レビュー寝落ちバトル百合エロ漫画」。
 絶妙に色っぽいのに下品な「エロ」にはならない絵柄がよいし、映画マニアを唸らせるディテールのくすぐりが素晴らしく、何度も読み返しては楽しめる。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
25位
アクセスランキングを見る>>