佐藤ミツル『ブルーミングアローン』



 佐藤ミツルの『ブルーミングアローン』(ビクター/2300円)をヘビロ中。

 日本のプログレの草分けの一つである名バンド「四人囃子」。
 その後期ギタリスト&ヴォーカリスト――つまり森園勝敏の後任者であった佐藤が、1982年に発表したソロアルバムのリイシュー。「ビクター・ビンテージ・ロック ~日本のロック名作選~」なるシリーズの一枚だ。

 リイシューといっても、今回(発売は昨年)が初CD化だそうだ。82~83年といえばLPレコードからCDへの端境期だったから、そういうこともあるだろう。

 森園を含む四人囃子の面々や、難波弘之、青山純など、錚々たる面々が参加している。
 ギター・インスト・アルバムかと思ったら、ヴォーカル入りの曲が大半だった。佐藤ミツルのヴォーカルは「うまい」とは言い切れないが、なかなか味がある。森園勝敏のヴォーカルをもう少し甘くした感じ。

 音はわりと後期四人囃子に近いかな。もろなプログレではなく、プログレのスパイスを随所に効かせたストレートなロック。

 曲によってはかなりポップで、中には歌謡曲ぽい(てゆーか、グループサウンズぽい)曲まである。

 全体に、四人囃子が強い影響を受けていたピンク・フロイドよりも、むしろクイーンに近い印象(ギターも所々でブライアン・メイ風)。
 かと思えば、突然壮麗なオーケストラ・サウンドが鳴り響いたりして、かなり多彩。アレンジも凝っている。

 Amazonのカスタマーレビューでも酷評されているが、音質はよくない。アナログレコードからカセットテープに落としたような感じの、モコモコと「こもった音」なのだ。
 リマスタリングがうまくいかなかったのだろうか? 「K2HD PROマスタリング」「本人によるリマスタリング」という説明があるのだが……。

 とはいえ、佐藤のギターをはじめ演奏は全体に素晴らしいし、後期四人囃子が好きだった人なら一聴の価値あり。


↑佐藤ミツル在籍時の四人囃子の隠れた名曲「ファランドールみたいに」(アルバム『包』所収)。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
27位
アクセスランキングを見る>>