エレクトロマグネッツ『エレクトロマグネッツ2』



 エレクトロマグネッツの『エレクトロマグネッツ2』を聴いた。

 エレクトロマグネッツは、ギタリストのエリック・ジョンソンがソロデビュー以前に在籍していたアメリカのジャズ・ロック・バンド。一般的人気はほとんど得ないまま解散した短命なバンドである。

 地元テキサスでは高い人気を誇っていたらしいのだが……。そもそも、バンド名がテキサスっぽくて(偏見)ダサいと思う。「電磁石ズ」ってw

 1975年に発表した唯一のアルバムは自主制作で、のちにエリック・ジョンソンがグラミー賞を3度も受賞する人気ギタリストになってからリイシューされた。

■関連エントリ→ エレクトロマグネッツ『エレクトロマグネッツ』

 この『エレクトロマグネッツ2』は、ファーストが発表された75年に録音されながら、バンドの消滅によってお蔵入りになっていた幻のセカンド・アルバム。2010年にようやく発売された。

 ずっと中古市場で高値を呼んでいて、私も手が出なかったが、いつの間にか、Amazonでフツーの価格で入手(MP3ダウンロードで)できるようになっていた。

 ファーストアルバム同様、マハヴィシュヌ・オーケストラやリターン・トゥ・フォーエバーを彷彿とさせる正統派ジャズ・ロックである。
 フランク・ザッパはエレクトロマグネッツのことを、「ユーモアのセンスのあるマハヴィシュヌ」と評したという。たしかに、求道的・内省的なマハヴィシュヌに比べれば、独特の軽やかさ、ロック的な躍動感がある。

 隠れた名盤であったファーストアルバムと比べると、やはり長年お蔵入りになっていただけあってか、一段落ちる印象。

 それでも、当時まだ20代初頭だったエリック・ジョンソンのギターは流麗で素晴らしく、彼のファンなら一聴の価値はある。

 なお、ドラムスのビル・マドックスは、2010年に自宅に押し入った強盗に射殺されてしまったという。その意味でも悲劇の名バンドである。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。54歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
26位
アクセスランキングを見る>>