リーフ・ハウンド『グロウワーズ・オブ・マッシュルーム』



 リーフ・ハウンドの『グロウワーズ・オブ・マッシュルーム』をヘビロ中。

 リーフ・ハウンドは、1971年にこのアルバム一枚のみを遺して解散した、伝説のブリティッシュ・ハードロック・バンド。
 ……だったのだが、2006年にヴォーカルのピーター・フレンチが若手ミュージシャンたちを集めて再結成。2007年にはニューアルバム『Unleashed』も発表。12年には初来日公演も行い、そのライヴ盤まで出ている。

 私はまったく知らなかったバンド。ディスク・ガイド本『ブルース・ロック』に紹介されていたのを読んで興味を持ち、You Tubeで検索して聴いてみたらよかったので、アルバムを輸入盤で買ってみた。

■関連エントリ→ 白谷潔弘 ・マッド矢野『ブルース・ロック』

 サウンドはブルージーなハードロックで、スピード感よりもけだるいヘヴィネスで聴かせる感じ。渋い。
 初期のツェッペリン(ファースト、セカンドあたり)にもちょっと似ているが、全体にツェッペリンよりもB級感が濃厚だ。
 ただ、そのB級感がむしろ捨てがたい魅力になっている。ピーター・フレンチのハスキーなヴォーカルにも迫力と色気があって、大スターにならなかったのが不思議。


↑かなり初期ツェッペリンぽい「Stray」。

 スローナンバーなどはかなりブルース色濃厚で、男臭い哀愁味がなかなか。
 私の知らないいいバンドがまだたくさんあるものだなァ、と改めて思った。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。54歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>