佐藤雅彦・菅俊一・高橋秀明『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』



 原作・佐藤雅彦&菅俊一、画・高橋秀明の『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』(マガジンハウス/1620円)を読んだ。仕事の資料として。

 タイトルのとおり、マンガの形を取った行動経済学入門である。
 経済学と心理学を融合させ、人間が時に取る非合理的な経済行動の背景を、心理学的観点から読み解く学問である「行動経済学」。そのおもなキーワードを取り上げ、一つのキーワードにつき4ページのマンガにしている。

 「ヘンテコノミクス」とは、行動経済学で俎上に載る非合理的経済行動が、ある意味で奇妙であることの謂だ。
 全23話のマンガは毎回、「――人間とは、かくもヘンテコな生きものなり。」という言葉でしめくくられる。

 取り上げられている言葉は、アンダーマイニング効果、メンタル・アカウンティング、極端回避性、代表性ヒューリスティック、双曲割引、おとり効果、感応度逓減性などなど。

 マンガを担当している高橋秀明は、広告の世界のアートディレクター/クリエイティブディレクターで、マンガを描くのはこれが初めてだという。
 昭和40年代くらいの古き良きギャグマンガを模した、シンプルで味のあるタッチは見事なもの。初めて描いたマンガとはとても思えない。

 何より、行動経済学入門として非常によくできていて、取り上げられたキーワードの意味がすんなり理解できるし、行動経済学の面白さもよくわかる(ただし、「マンガとして面白い」かというと、そこは微妙)。

 元は『ブルータス』に連載されたものだから、当然、大人が読んでもためになる。一方、小学校高学年くらいから読んでも大丈夫なくらいわかりやすい。

 佐藤雅彦といえば、竹中平蔵との対談形式で作った『経済ってそういうことだったのか会議』は、平明な経済学入門として出色であった(日本の格差を拡大させた竹中がキライな人も多いだろうが、それはさておき)。
 その佐藤が、こんどは行動経済学入門の傑作を作ったのである。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。54歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>