伊図透『おんさのひびき』『辺境で』



 先日新装版で読んだ『ミツバチのキス』が大変気に入ったので、伊図透の『おんさのひびき』(ビームコミックス/新装版上・下巻)と、『辺境で 伊図透作品集』(ビームコミックス)を購入して読んだ。

 『おんさのひびき』は、小学6年生の男女3人を主人公にした、思春期の淡い物語。コミックスの帯の惹句では「ビルドゥングス・ロマン」ということになっているが、そういう印象はあまり受けなった。

 松本大洋の『Sunny』みたいな作品を期待したのだが、ちょっと違う。全体に説明不足でわかりにくい。「わかりやすい感動」をあえて避けて、ひとヒネリしてしまう感じというか。

 『辺境で』は、同人誌として発表された初期作品などを含む、初の短編集。



 玉石混交ではあるが、表題作の『辺境で』は素晴らしい。

 伊図透の何がすごいかというと、何よりも画面の演出力だと思う。「絵はすごくうまいのに、演出は下手だ」というマンガ家もいるが、伊図透は絵に味があってうまいうえに演出力が卓越している。
 ここぞという見せ場のコマにさしかかると、そのコマが音を立てて目に飛び込んでくるような印象があるのだ。

 私は『おんさのひびき』のストーリーに感動できなかったが、それでも、この作品はマンガとしては優れている。ページをめくった瞬間にハッとするような、何度も見返したくなるような、印象的なシーン/コマに満ちている。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。54歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
18位
アクセスランキングを見る>>