ロリー・ギャラガー『ステージ・ストラック+3』



 ロリー・ギャラガーのライヴ盤『ステージ・ストラック』(ユニバーサルミュージック/1851円)が、ボーナストラック3曲を加えてリイシューされたので、ゲット。
 じつは『ステージ・ストラック』自体、まとめて聴くのは初めてである。

 ロリー・ギャラガーはライヴ・アルバムにハズレがほとんどないアーティストとして知られており、私も『ライヴ・イン・アイルランド』や『ライヴ・イン・ヨーロッパ』は愛聴してきた。
 この『ステージ・ストラック』は、彼のソロ・キャリアの中では3枚目のライヴ盤にあたる。前記2枚が名盤としてよく聴かれているのに対し、わりと目立たない作品だ。

■参考→ ロリーのファンサイト「maybe i will」(情報充実!)の本作解説ページ

 ブルース~ブルース・ロック~ハードロックの間を揺れ動いたのがロリーのキャリアだが、この『ステージ・ストラック』は彼のライヴ盤の中で最もハードロック寄りの仕上がりだ。
 渋いブルース・ギタリストとしての彼を評価する向きは、その点に不満を覚えるかもしれない。が、ロック寄りのリスナーである私から見ると、このアルバムはハードでエネルギッシュなギターの洪水で、もうサイコーである。

 「あまりブルース色の強いのは苦手だ」というロック・ファンが、最初に聴くロリー・ギャラガー、つまり入門編としてもふさわしい。


↑ノリノリのお気に入り曲「Wayward Child」

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。54歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>