鈴木マサカズ『マトリズム』



 鈴木マサカズの『マトリズム』の既刊1~2巻(日本文芸社)を読んだ。
 『漫画ゴラク』連載中の、麻薬取締官(マトリ)たちの活躍を描いたマンガ。作者の鈴木マサカズは、『無頼侍』などの作品で知られている。

 マトリを主人公にしたマンガといえば、笠原倫の『リスク――エンドレス・ドラッグ・ウォーズ』という傑作がすでにある。

■関連エントリ→ 笠原倫『リスク――エンドレス・ドラッグ・ウォーズ』

 本作は『リスク』とはタイプが異なるが、これはこれですごく面白い。
 『リスク』は泥臭いB級劇画で、ド派手なアクション描写も満載、現実離れしたブッ飛んだキャラが次々と登場してきた。

 それに対して本作は、登場する薬物に手を出す人々が「普通の人」ばかりである。
 普通の主婦・サラリーマンなどが、ふとしたきっかけでヤクをやって地獄を見るさまが、すこぶるリアルに、むしろ淡々としたタッチで描かれている。
 『闇金ウシジマくん』的な、いかにもな「裏社会の住人」はほとんど出てこないのだ。

 その意味で、おどろおどろしい骸骨が描かれたコミックスのカバーは、内容と合っていないと感じた。

 主人公の麻薬取締官が、暴力を用いることも辞さない型破りなタイプで、上役から睨まれている……というキャラ設定はありきたりで興醒め。
 そういう「劇画的」要素を排した、地味でリアルなマトリを描けばよかったのに(まあ、それでは人気が出ないと踏んだのだろう)。

 主人公のキャラ設定は難アリだが、捜査のプロセスや、被疑者一人ひとりが薬物にのめり込んでくプロセスなどは、リアルで秀逸だ。

 たとえば、普通の独身中年男性が初めてドラッグを買う場面で、売人に「消費税とかかかります?」と思わず聞いてしまうところなど、とぼけたユーモアがなかなか。

 また、薬物中毒経験者が集う「自助会」にヤクの売人がまぎれこんでいる、というあたりの展開も、ゾッとするほどリアルだ。
 おそらく、現実にもそういうことは少なくないのだろう。元ジャンキーはほんの一押しで再び薬物に手を出しやすいはずで、「見込み顧客」揃いなわけだから……。

 良作。今後もコミックスを買い続けることにする。
 
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。54歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>