99.99『99.99』『モア・オブ・99.99』



 99.99のアルバム『99.99』と『モア・オブ・99.99』を聴いた。

 99.99で「フォーナイン」と読む。
 元アイン・ソフのキーボーディスト、服部ませいを核とした80年代日本のフュージョン・バンド。「手数王」の二つ名で知られる名ドラマー・菅沼孝三や、のちに「アーバン・ダンス」(「ポストYMO」と評された、トリオ編成のエレクトロ・ポップ・バンド)を結成した成田忍らが参加していた。

 昨年末から、「NEXUS ROCK LEGEND ARCHIVE COLLECTION」と銘打たれた4ヶ月連続・計101作の大量リイシューが行われている。
 キングレコードが誇る名門ロック・レーベル「NEXUS」などの名盤を集めたもので、日本のプログレ、ハードロック/メタルの名盤がズラリと並んでいる。

 私のお気に入り、ミスター・シリウスやアイン・ソフ、KENSO、美狂乱らの名盤が含まれ、慶賀に堪えないが、このコレクションの中でひときわ異彩を放っていたのが、99.99の2枚。
 ほかはプログレかメタル系なのに、このバンドだけフュージョンだったからである。

 だが、聴いてみれば、99.99がこのラインナップの中に加えられた理由がわかる。
 「リゾート・フュージョン」って感じの軽い曲が多いのだけれど、演奏は終始テクニカルだし、随所にジャズ・ロックやプログレ的色彩が見えるのである。いわば「プログレ・フュージョン」のバンドだったのだ。

 ファーストに入っている「ディス・イズ・イット」なんて曲は「ほとんどウェザー・リポート」で、カッコイイったらない。
 かと思えば、その次の曲は「カリビアン・ジゴロ」という、タイトルからしてどうかと思う腑抜けたラテン・フュージョンで、甘ったるくてウンザリ。

 また、ファースト『99.99』が売れなかったからか、セカンドの『モア・オブ・99.99』ではポップス寄りのヴォーカル・チューンが増え、さらに軟弱になっている。
 とくに、「GINZA de アイマショ」というヴォーカル曲は、バブル前夜のチャラけた雰囲気が全編を覆っていて、いま聴くとかなり恥ずかしい。

 とはいえ、甘ったるい系のポップな曲も演奏の完成度は高いし、2枚とも、全体としては十分楽しめるフュージョン・アルバムである。

 「ホントはハードでテクニカルなプログレ・フュージョンだけやりたいんだよ。でも、売れ線を狙うには軽めのフュージョンじゃないと……」と、レコード会社側からの要請で不本意なアルバムになったのかもしれない。
 まあ、それは私が勝手に斟酌して言うことなので、本人たちの思いがどうだったかはわからないが。

 ともあれ、埋もれさせるには惜しいバンドであり、今回のリイシューは喜ばしい。
 
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。54歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
18位
アクセスランキングを見る>>