福田淳『SNSで儲けようと思ってないですよね?』



 福田淳(あつし)著『SNSで儲けようと思ってないですよね?――世の中を動かすSNSのバズり方』(小学館/1296円)読了。

 誤解されやすい書名だと思う。
 「SNSをバズらせてマネタイズに結びつけるには?」みたいな、小手先のテクが書かれたチャラい本だと思われかねない。

 実際に読んでみれば、そうではない。ソーシャルメディア時代の“人の輪”の作り方や、“社会をよい方向に変えるためにソーシャルメディアをどう活かしていくべきか?”といったことが、カリスマ・マーケッターである著者の体験をふまえて論じられている。

 語り口調に近い軽快な文章ながら、けっこう深いことを言っている。
 たとえば、ドナルド・トランプのSNS活用術を分析したあとで、著者は次のように書く。

 このようにしてトランプ氏は、通常のメディアでは伝え切れない、ソーシャルメディアならではの特性をすべて取り入れた戦略を立てたのです。こうした背景から、トランプ氏は、「突然現れたモンスター」ではなく、SNS効果を熟知している「優れたマーケッター」なのではないかと僕は見ています。



 政治評論家などとは異なる位相からの著者のトランプ評価は、傾聴に値する。

 また、ソーシャルマーケティング企業の代表格「ソニー・デジタルエンタテインメント」の初代社長である著者が、生身の人のふれあいを重視している点は、意外で面白いと思った。

 日々の「街歩き」のことを、僕は「素振り」と呼ぶことにしています。(中略)
 バットを振り続けている限りはボールが当たることだって時々はある。打席に立っている分、街を歩いている分、打つべき角度だとか、土地勘だとか、マーケッターとして重要な、「気配を察する能力」が磨かれていくからです。

 実際、街歩きが習慣になると、「時代の気分」を次第に感じることができるようになっていきます。



 それから、『少年マガジン』を100万部雑誌に育て上げた天才編集者・内田勝さんとの思い出が随所に紹介されている点は、個人的にうれしかった。
 内田さんはソニー・デジタルエンタテインメントの初代顧問であり、著者は自らに影響を与えた「4人の偉大な大先輩」の1人に数えている。

 生前の内田さんとは、一度だけ一緒に飲む機会があった。そのとき、内田さんの著書『奇の発想』(三五館/これは名著)にしていただいたサインは、私の宝物だ。 

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。54歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
24位
アクセスランキングを見る>>