Marie『「箇条書き手帳」でうまくいく』



 Marie著『「箇条書き手帳」でうまくいく――はじめてのバレットジャーナル』(ディスカヴァー・トゥエンティワン/1512円)読了。

 「バレットジャーナル」と呼ばれる手帳術を紹介した本で、すでに5万部を突破したという。
 著者のMarieさんは、ブログ「Mandarin Note」の主。

 バレットジャーナルはアメリカ発祥で、日本では2014年ごろから徐々に知られるようになってきた手帳術です。
 「バレット」(ビュレット)というのは、箇条書きの先頭につける点「・」(Bullet Point)のこと。
 箇条書きと記号を活用して、タスクやスケジュール、メモなどを効率的に管理できる手帳ということで、「バレットジャーナル」と名づけられました。(版元の内容紹介より)


 「バレットジャーナル」を日本語にすると、「箇条書き手帳」となるわけだ。
 ニューヨーク在住のデジタルプロダクト・デザイナー、ライダー・キャロル(Ryder Carroll)氏が考案した手帳術だという。
 キャロル氏には学習障害があり、集中力に欠けるため、その欠点を補う方法として編み出したものだとか。

 何から何まで箇条書きして処理していく点はユニークだが、過去の手帳術でも「ToDoリスト」など箇条書きの部分は少なからずあったわけで、すごく斬新な手帳術というわけでもない。
 「バレットジャーナル」なるネーミングがキャッチーなだけで、中身は他の手帳術と似たり寄ったりなのだ。

 私がこの手の「手帳術本」でオススメを一つ挙げるなら、佐々木かをりさんの『ミリオネーゼの手帳術』である(版元は本書と同じディスカヴァー・トゥエンティワンだが)。
 同書は、「8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法」という副題のとおり、基本的には女性向けの内容だが、男が読んでも大変参考になる。

■関連エントリ
佐々木かをり『ミリオネーゼの手帳術』
佐々木かをり『佐々木かをりの手帳術』
私の手帳術

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。54歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>