ダダ『ダダ』



 イギリスのジャズ・ロック・グループ「ダダ」が遺した唯一のアルバム『ダダ』(1972年)をゲットし、ヘビロ中。

  「ヴィネガー・ジョー」で故ロバート・パーマーとツイン・ヴォーカルを張ったエルキー・ブルックスがいたバンドだと聞き、手を伸ばしてみた。
 「エルキー・ブルックスが在籍した」というより、この「ダダ」というバンド自体がヴィネガー・ジョーの前身にあたるのだな。

 ロバート・パーマーがスターダムにのし上がったころ、彼が以前在籍していたバンドとしてヴィネガー・ジョーの名を知った人が多いと思う。私もその1人で、後追いで聴いてみたらとてもよいバンドで、すっかり気に入ってしまった。



 ヴィネガー・ジョーは、米国スワンプ・ロックの影響を受けた渋いR&Bバンドであった。
 前身であるこの「ダダ」にもスワンプ色/R&B色は少しあるが、オルガンがかなりの比重を占めていたりして、ヴィネガー・ジョーよりもジャズ色が強い。さらに、プログレ色も随所にある。

 野性的な泥臭さと知的な洗練味という、本来相容れないはずの2つの要素が混在している、なんとも不思議な音。

 エルキー・ブルックスのヴォーカルは、このバンドのころからすでに絶品である。
 ジャニス・ジョプリン的なハスキーボイスのド迫力と、アニー・ハズラム的な伸びやかな美声の魅力を併せ持っている。「その2つこそ相容れない要素ではないか」と思う向きもあろうが、このアルバムを聴いてみれば私の言っていることがわかると思う。


↑エルキーのヴォーカルが素晴らしい「シー・ウォークス・アウェイ」

 もっとも、ダダの場合、もう1人ポール・コーダという男性シンガーがいて、2人が交互にヴォーカルを取るのだが(ポール・コーダのヴォーカルもなかなかよい)。


↑ストーンズの初期ナンバー「ラスト・タイム」の素晴らしいカヴァー

 ところで、「ダダ」という名のバンドはほかにも複数ある。
 そのうちの一つに80年代日本のプログレ・バンドがいて、私はこちらのダダも昔大好きだった。



 Amazonのカスタマーレビューを見ると、日本のダダのファースト・アルバム(これまたタイトルも『ダダ』で、まぎらわしいったらない)のレビューと本作のレビューがごっちゃになっていて、とってもカオス。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。54歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
18位
アクセスランキングを見る>>