福満しげゆき『終わった漫画家』



 福満しげゆきの『終わった漫画家』1巻(ヤングマガジンコミックス/540円)を、Kindle版で購入。

 「ヤンマガ」はどちらかというと私には縁遠いマンガ誌だが、いまは南勝久の『ザ・ファブル』を目当てに毎週読んでいる。
 で、その「ヤンマガ」で最近『ザ・ファブル』とともに楽しみにしているのが、福満しげゆきの『終わった漫画家』である。
 
 コミックスの1巻が出たばかり。
 福満しげゆきの作品には私小説的なものが多いが、本作の「終わった漫画家」とはさすがに自分のことではない。
 10年前に小ヒットを出したものの、その後はジリ貧。完全に編集に見捨てられたわけではなく、いまも連載はあるが、早晩「終わる」ことが自分でも重々わかっている……そんな、才能の枯渇した独身童貞マンガ家が主人公だ。

 “どうせ廃業が近いなら、若い女の子をアシスタントに雇い、その子と恋仲になって結婚しよう。そして田舎暮らしでもしよう”――そんな安直な考えのもと、仕事も少ないのにアシスタントを募集する。

 そして、マンガを描いた経験ゼロの20代女性(経験ゼロであることは隠し、マンガ家と結婚して「小規模な玉の輿」に乗ろうと考えている)と、マンガ家志望の女子高生をアシスタントにする。

 その女子高生は売れっ子マンガ家になるという野望を抱いており、「ちょうどいい感じの小物のとこに行き 産業スパイのように技術だけ盗む」ことを目的に、ファンでもなかったマンガ家のアシスタントに応募したのだった。

 三者三様の思惑のもと、この奇妙なトライアングルの共同作業は進んでいく……というマンガ。

 三人とも、心が複雑に屈折しまくっていて、一筋縄ではいかない。
 たとえば、20代のアシスタントA子(ホントにそういうキャラ名)は、かつてはデブでまるでもてなかったのだが、交通事故で生死をさまよったのち、退院するころには激ヤセして美人になっていた、という強引な設定だ(笑)。
 美人になってからまだ日が浅く、それまでは恋愛と無縁の人生だったので、彼女の男性観・恋愛観は微妙に歪んでいる。

 童貞と処女ばかりの「ヘンな3人」が、互いの心を妄想まじりに深読みしていく。その“妄想モノローグ”の連鎖が物語を駆動していくさまが、なんともおかしい。

 福満しげゆきの新境地であり、個人的には彼の作品の中でいちばん面白く感じた。
 「『マンガ家マンガ』に駄作なし」と言われる。『漫画家残酷物語』から『バクマン。』に至るまで、多くの傑作が生まれてきたこのジャンルに、また新たな地平が拓かれそうである。

■関連エントリ→ 福満しげゆき『グラグラな社会とグラグラな僕のまんが道』

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
30位
アクセスランキングを見る>>