侍留啓介『新・独学術』



 昨夜は、九段下の「イタリア文化会館東京」で開催された、聖エジディオ共同体主催のフォーラム「共通の未来を構築するために 平和の道を拓こう」を取材。
 「この赤いビルって、前にも来たことあるなァ」と思ったら、前に取材で赴いた角川春樹事務所も同じビルに入っているのだった。

 カトリックのみならず、さまざまな宗教を持つ者同士が集って、死刑廃止など、さまざまな角度から平和について語らうフォーラム。宗教間対話の有意義な試みである。


 行き帰りの電車で、侍留(しとめ)啓介『新・独学術――外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法』(ダイヤモンド社/1620円)を読了。

 帯に推薦文を寄せている佐藤優さんの写真が大きくて、まるで佐藤さんの著書のようだ(笑)。
 本書で開陳される独学術は、大学受験用の学習参考書などを「大人の学び直し」に用いる方法であって、それは佐藤さんが著書で主張している独学術と重なる。本書を佐藤さんが絶賛するのも理の当然なのである。

 つい半月前に当ブログで取り上げた『最強の独学術』(本山勝寛)など、最近独学術の本がよく刊行されている。
 それは、一つにはネットの発達で独学環境が飛躍的に整備されたためであろう。また、AIによる雇用破壊、日本の終身雇用制の崩壊などによって、世のビジネスパーソンが「勉強し続けないと、生き残っていけない」と危機感を強めていることの反映でもあろう。

 『最強の独学術』が受験勉強から生涯学習までの幅広い独学を扱っていたのに対し、本書は明確にビジネスパーソンのための独学術に的を絞っている。

 著者は、参考書を用いたさまざまな独学を紹介するなかで、その学びがビジネスにどのように役立つのかを逐一説明していく。その説明と著者が薦める独学法は、どれも理にかなっていて得心がいく。
 『最強の独学術』もよい本だったが、こちらもかなりの良書である。

 ちなみに、アマゾンの本書のページの下に出てくる「この商品を買った人はこんな商品も買っています」に並んでいる本は、その多くが本書で著者がオススメしている参考書だ。私もこれらの本を買い揃えたくなった。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。54歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
24位
アクセスランキングを見る>>