宮谷一彦『ライク ア ローリング ストーン』



 宮谷一彦の『ライク ア ローリング ストーン』(フリースタイル/1620円)を購入。
 手塚治虫の虫プロが出していたコミック誌『COM』で1969年に連載されて以来、半世紀近く一度も単行本化されていなかった「伝説の名作」の初単行本化である。

 文春文庫ビジュアル版の『マンガ黄金時代  ’60年代傑作集』というオムニバスに、この作品の第1話が収録されたことがある。私はそれを読んだことがあるのみで、全編を通して読むのは今回が初めて。

 帯に「ひとりの漫画家の1969年3月からの120日間の記録」とあるとおり、作者の宮谷一彦自身(ただし、作中での名は「画村一彦」となっている)のマンガ家としての生活を描いた「私マンガ」である。

 中条省平は、本書の巻末に寄せた解説で次のように言う。

 まず本作の特徴は、日本初の本格的な「私マンガ」であるということです。(中略)作者・宮谷一彦は自分の分身である画村一彦を通じて、自分の思想とマンガ観をストレートに打ちだしています。本作は日本マンガ史上最も真摯な「マンガ家マンガ」なのです。



 私は、本作に先行する永島慎二の『漫画家残酷物語』(の中の数篇)こそ「日本初の本格的な『私マンガ』」であったと思うし、「日本マンガ史上最も真摯な『マンガ家マンガ』」という賛辞も、同作にこそふさわしいと思う。

 が、それはともかく、この『ライク ア ローリング ストーン』も、日本マンガ史上に突出する作品であることは間違いない。
 内容には観念的すぎて難解な部分も多いのだが、機関車や阿修羅像などのすさまじい細密描写を味わうだけでも、本書を買う価値は十分にある。

 この単行本の版元・フリースタイルが発行している季刊誌『フリースタイル』の直近号(36号)でも、宮谷一彦特集が組まれている。これも併せて購入。



 特集のメインは、宮谷一彦に大きな影響を受けた一人である作家の矢作俊彦(かつて「ダディ・グース」名義でマンガ家としても活躍)によるインタビュー。
 インタビューというより対談になっているが、内容は(宮谷と矢作のファンなら)とても面白い。

 なお、フリースタイルは今年、宮谷一彦の初期作品集『俺たちの季節(とき)』と『ジャンピン ジャック フラッシュ』の電子書籍版も刊行している。



 じつをいえば私は、『ライク ア ローリング ストーン』以降、どんどん難解になっていった宮谷作品よりも、この2冊に収録された初期の青春マンガをこそ愛する者である。この時期の宮谷こそ、私にとってはベスト。1971年から72年にかけて、三崎書房から刊行されたこの2冊は、いまでも私の宝物だ。

 収録作全編が傑作とは言わないまでも、6割方はマンガ史に残るレベルの青春マンガであり、マンガ技術的にも当時の最高峰・最先端である。

 たとえば、『ジャンピン ジャック フラッシュ』所収の短編「ラストステージ」は、日本におけるジャズ劇画の最高傑作だと思う。
 『BLUE GIANT』より40年も早く、これほどリアルに絵の中にジャズを刻みつけた作品が、日本にはあったのだ。

 また、同じく『ジャンピン ジャック フラッシュ』所収の短編「逃亡者」は、わずか24ページの作品ながら、日本におけるカーアクション劇画の最高峰の一つだろう。

 余談ながら、この「逃亡者」の中に出てくる、“車で時速200キロから目にも止まらぬ速さでシフトダウンをくり返し、直角に曲がる”という描写は、のちに池沢さとしが『サーキットの狼』でそっくりパクっている。
 
■関連エントリ
岡崎英生『劇画狂時代』
ダディ・グース『少年レボリューション』
 
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>