眉月じゅん『恋は雨上がりのように』



 眉月じゅん『恋は雨上がりのように』の既刊1~8巻(ビッグコミックス)を読んだ。
 前から連載誌『ビッグコミックスピリッツ』で時々読んで、気になっていたマンガ。一気読みしてみたら、なかなか面白かった。

 ファミレスの店長をしている45歳の冴えないバツイチ男に、その店でバイトする17歳の美少女女子高生が恋をするという、“年の差恋愛マンガ”。
 中年男の妄想をそのままマンガ化したような話(作者は女性だが)であり、一種のファンタジーだ。

 文芸評論家の斎藤美奈子は、ハードボイルド小説を「男性用のハーレクイン・ロマンス」と呼んだ。「うまいこと言うなァ」と思ったものだが、むしろ本作のような物語こそ「男性用ハーレクイン・ロマンス」と呼ぶにふさわしい。ハーレクイン・ロマンスは大衆恋愛小説だが、ハードボイルド小説において恋愛はメイン要素ではないのだから……。
 本作はいわば、「中年男のためのハーレクイン・ロマンス」なのだ。

 ヒロイン・橘あきらは、主人公の中年男のダメな部分、非モテ要素までも受け入れ、むしろそこを好きになってくれる。ほかのバイトからは「クサイ」と嫌がられる加齢臭すら嫌がらないという天使っぷりである。
 そんな“都合のいい天使”がいるはずもないのだが、私は「ありえねー」「絵空事だ」と思いつつ、けっこう楽しく読んでいる。
 世の腐女子たちは、BLマンガ・小説を、現実にはあり得ないことを百も承知でファンタジーとして楽しんでいるのだろう。それと同じだ。

 「恋雨」(と略すそうだ)はコミックス累計160万部突破、『マンガ大賞2016』で第7位、『このマンガがすごい!2016』でオトコ編第4位に食い込み、来年1月から深夜枠ながらもTVアニメ化……と、スマッシュヒットになっている。
 それだけ広がりがあると、さすがに読者が中年男ばかりとは思えない。この作品が幅広い層に受けていることが、いち中年男としては不思議である。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
20位
アクセスランキングを見る>>