矢野顕子×上原ひろみ『ラーメンな女たち - LIVE IN TOKYO -』



 矢野顕子×上原ひろみの『ラーメンな女たち - LIVE IN TOKYO -』(Universal Music)を聴いた。

 6年前の『Get Together -LIVE IN TOKYO-』に続く、天才2人の競演ライヴ・アルバム第2弾。
 基本的には前作の延長線上にあるので、前作が気に入った人なら今作も気に入るだろう。

 互いにジャズを基盤にしながらも、ジャンルにとらわれない音楽を創り続けてきた2人らしく、ジャンル分け不可能なアルバムに仕上がっている。

 たとえば、今作には異なるジャンルの2曲を合体させた曲が3つもある。
 わらべうたの「おちゃらかほい」とウェイン・ショーターの「フットプリンツ」を合体させた「おちゃらかプリンツ」、美空ひばりの「真っ赤な太陽」とビル・ウィザースの「エイント・ノー・サンシャイン」を合体させた「真っ赤なサンシャイン」などである。
 それらの“合体曲”は、この2人でなければ絶対にさまにならないだろう。

 前作以上に矢野顕子のヴォーカルに比重がかけられている印象で、上原ひろみのピアノは一聴するとあまり目立たない。
 ただ、矢野の「飛ばしていくよ」で、原曲の打ち込み音を上原が正確無比な速弾きのピアノに置き換えていくあたり、ゾクゾクする凄みがある。

 矢野顕子は「癒し系」イメージとは裏腹に、ソウルフルに熱唱しても素晴らしいシンガーである。
 そのことは私も重々承知なのだが、このアルバムはソウルフルに熱唱するタイプの曲ばかりが多すぎて、彼女の歌声がちょっと暑苦しく感じられる。それが今作の難点だと思った。

 ただ、どの曲も上原ひろみの編曲は素晴らしい。
 ラストを飾る「ラーメンたべたい」は前作『Get Together』でも演奏していたが、今作はスピード感あふれるスリリングなアレンジで、この名曲がじつにカッコよく生まれ変わっている。

 また、「東京は夜の7時」や「ドリーマー」(上原の『ALIVE』所収曲に矢野が歌詞をつけたもの)の“疾走するリリシズム”という趣は絶品だ。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
23位
アクセスランキングを見る>>