慎泰俊『ルポ 児童相談所』



 昨日は取材で仙台へ――。
 編集者氏からは「泊まりますか?」と聞かれたが、原稿の〆切が山積みなので、断腸の思いでことわって日帰り。夕食に仙台駅で牛タン定食を食べて、つかの間観光気分を味わう。
 GWなどまったく関係なく、仕事ざんまいである。

 今回は、バングラデシュの空軍司令官・食糧大臣などを歴任された、A.G.マムード氏への取材。
 1977年に起きた日本赤軍によるダッカ日航機ハイジャック事件で、バングラデシュ側の交渉責任者になり、人質の全員解放に尽力された方……といえば、思い出す人もあろう。



 今回、40年の時を経て日本政府から叙勲されるために来日されたのである。

 東北大学へのバングラデシュからの留学生たちとの交流会にも同席させていただき、楽しい時をすごした。


 行き帰りの新幹線で、慎泰俊(シン・テジュン)著『ルポ 児童相談所/一時保護所から考える子ども支援』(ちくま新書/842円)を読了。仕事の資料として。

 著者は社会起業家だが、これは本職のノンフィクション作家顔負けの見事なルポであった。日本の児童相談所の実態を、併設される「一時保護所」のことにフォーカスして描き出したものだ。

 著者自らが全国10ヶ所の一時保護所を訪問し、そのうち2つには住み込み、子どもたち、親、児相職員ら100人以上にインタビューを行ったという取材の厚みが素晴らしい。

 従来、この手のルポは、児相側か親側のどちらかに偏りがちだった。とくに、一方的な「児相悪者論」の本が目立った。それに対し、本書はどちらにも偏らず、「児相のいま」を中立的な視座から浮き彫りにしている。

 児相が疲弊しきっている現状を明らかにしたうえで、改善策を細かく提示している(このへんは社会起業家らしい)点も好ましい。

 児童虐待や「子どもの貧困」の問題を考えるうえで、必読の良書である。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
18位
アクセスランキングを見る>>