三田紀房・関達也『銀のアンカー』



 三田紀房・関達也作『銀のアンカー』全8巻をセットで購入し、一気読み。
 
 仕事上の必要があって読んだ。コミックスのカバーに「内定請負漫画!!」とあるとおり、他にほとんど類を見ない(少なくとも、2006年の連載開始当時には類似作がなかった)「就活マンガ」である。

 アメリカ帰りの伝説的ヘッドハンターである主人公が、日本の大学生たちに就活の極意を指南していくというストーリー。
 作者が大ヒット作『ドラゴン桜』の三田紀房であることから、「就活版『ドラゴン桜』」と呼ばれている。

 三田とともにクレジットされている関達也という名前は、原作者かと思ったらそうではなく、三田の元チーフアシスタントで、途中まで(3巻まで)作画をまかされていたのだそうだ。

 私自身は就活というものをした経験がなく、そもそも「企業の正社員になる」という意味での就職をしたことがない(編プロにいたときはバイト扱いだったし)。
 なので、“就活という未知の世界”を垣間見る思いで読んだ。そのせいか、大変面白く読めた。

 三田紀房の絵柄は雑で好きになれないが、それでも彼のマンガはいつも水準以上の面白さを保っていると思う。高校生が株式投資をする『インベスターZ』なども、設定自体が卓抜だし、じつに面白い。

 絵柄については、三田自身が「自分は絵の魅力で売るタイプではないから、最低水準さえクリアすればよい」と割り切っているのかもしれない。
 彼の著書『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術』 を読むと、じつにドライにビジネスと割り切ってマンガ作りに取り組んでいるようだし……。

■関連エントリ→ 三田紀房『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術』

 この『銀のアンカー』は、就活に勝つためのノウハウ集としても読めるし、何より「就活に頑張って取り組もう!」と若者を鼓舞する効果が高いマンガだと思う。

「面接とは相手に本気を伝えることだ。それができれば必ず成功する。本気じゃない一流大生に、本気の三流大生は勝てる!」(句読点は引用者補足)



 ……などという、メモしておきたいような熱いセリフも多い。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
18位
アクセスランキングを見る>>