夾竹桃ジン『ちいさいひと 青葉児童相談所物語』



 昨日は、都内某所で脳科学者の中野信子さんを取材。

 これで今月は、池谷裕二さん、篠原菊紀さん、中野さんと、人気脳科学者3人を取材したことになる(後日、お三方への取材を一本の長い記事にまとめる)。

 同じ脳科学者であっても、それぞれ語り口・視点に個性があって、大変面白かった。


 夾竹桃ジン作(シナリオ:水野光博、取材・企画協力:小宮純一)『ちいさいひと 青葉児童相談所物語』の全6巻と、続編『新・ちいさいひと』の既刊1巻をまとめ読み。

 仕事上の必要があって読んだのだが、とてもよいマンガである。
 アマゾンのカスタマーレビューではなぜか酷評が多いが(まあ、アマレビュなんかあてにはならないが)、私はウェルメイドな力作だと思った。

 たしかに、「人物造形がステレオタイプにすぎるかな」という粗は感じなくもない。
 主人公のありがちな熱血キャラとか、児童相談所の所長が保身ばかり考えて「私の管理責任が問われます」と決まり文句のように言う点とか、キャラが単純すぎるのだ。
 しかし、それは作品全体から見れば小瑕で、読んでいるうちに気にならなくなる。

 「描かれている児相の現場対応にリアリティがない」という批判的レビューもあったが、私はむしろ、よく取材されていて、児相の現場の雰囲気がわかるマンガだと思った。
 フィクションである以上、ドラマを盛り上げるために現実をデフォルメしてある部分も、当然あるだろう。が、それも許容範囲内だと思う。

 児童虐待を描いたマンガといえば、ささやななえの『凍りついた瞳』という傑作がすでにある。これは、いまのように児童虐待が一大社会問題になる以前の先駆的・問題提起的作品であった。

■関連エントリ→ ささやななえ『凍りついた瞳』

 対して、『ちいさいひと』は、誰もが児童虐待の深刻さを知っている「いま」にふさわしい切り口で作られている。このような啓蒙的作品が少年マンガ誌に連載されているのは、なかなかすごいことではないか。

 
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
19位
アクセスランキングを見る>>