ドリームス『ドリームス』『イマジン・マイ・サプライズ』



 昨日は、取材で長野県茅野市へ――。
 脳科学者で諏訪東京理科大学教授の篠原菊紀さんの取材である。

 東京はもう桜が散ってしまったが、茅野市は昨日あたりがちょうど満開で、つかの間お花見気分を味わった。


 ドリームスの『ドリームス』と『イマジン・マイ・サプライズ』を聴いた。

 ドリームスは、この2枚のアルバムを発表したのみで解散してしまった、幻のジャズ・ロック・バンド。
 マイケルとランディのブレッカー兄弟や、ドラムスのビリー・コブハム、ギターのジョン・アバークロンビーらが参加した、ある意味「スーパーグループ」である。
 もっとも、ブレッカー兄弟は「ブレッカー・ブラザーズ」としてのデビュー前であり、当時(1970年代初頭)はほぼ無名の若手ミュージシャンであったのだが……。

 私は、このバンドの名前だけは知っていたが、先日読んだ『ジャズ・ロックのおかげです』で市川正二が「ジャズロック名盤15枚」の一つに『ドリームス』を挙げていたことから、手を伸ばしてみた。
 折よく、昨年に「クロスオーヴァー&フュージョン1000」シリーズのラインナップとして、2作とも廉価でリイシューされたばかりだった。



 ブレッカー・ブラザーズには『ヘヴィ・メタル・ビ・バップ』というジャズ・ロックの名盤があるが、ドリームスのサウンドは同作とはまったく違う。
 全曲ヴォーカル入りで、どちらかといえば初期のシカゴやブラッド・スウェット&ティアーズのような「ブラス・ロック」に近い音なのだ。

 さりとて、「これはブラス・ロックだ」と言い切ってしまえるほどロック寄りではなく、サックスなどは濃厚にジャズっぽい。
 一般的なジャズ・ロックのイメージにはあてはまらないが、ジャズとロックの要素がせめぎ合っているという意味で「ジャズ・ロック」としか言いようがない。じつに不思議で独創的なバンドである。

 シカゴほどポップではないから、大ヒットしなかったのもうなずけるが、いい曲目白押しで、渋い「大人のジャズ・ロック」として、半世紀近くを経たいまも十分鑑賞に堪える。


↑ファーストでいちばんジャズ寄りの曲「ホリー・ビー・ホーム」。


↑逆に、ブラス・ロック寄りの曲「トライ・ミー」。

 とくに、ファーストの『ドリームス』は素晴らしい。ルネ・マグリットの名画「ゴルコンダ」を用いたジャケもよい。
 隠れた名バンドであり、名盤だと思う。
 
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
19位
アクセスランキングを見る>>