中山康樹ほか『ジャズ・ロックのおかげです』



 今日は、確定申告書を税務署に提出。

 〆切から約1ヶ月遅れただけ……というのは、私にしては上出来(笑)。
 還付金が返ってくる立場の場合、多少遅れてもノープロブレムなのである(ただし、収入がメチャ多くて追加の税金を払う立場=源泉徴収税額では足りない立場の場合、期限に遅れたら1日ごとに延滞金が発生し、どえらい目に遭う)。


 中山康樹、ピーター・バラカン、市川正二著『ジャズ・ロックのおかげです』(径書房)を読了。
 
 1994年刊。前から欲しかった本で、長らく入手困難(中古市場でも高値を呼んでいた)であったのだが、ようやく相場が下がって買えた。

 ジャズ・ロックの名盤を著者3人が各15枚ずつ選び、その解説をしていくパートがメインの本。
 そのパートの前に、ジャズ・ロックの定義をめぐって3人がてい談しているのだが、各人の定義が噛み合っておらず、微妙に食い違っている。

 ゆえに、3人が選ぶ名盤15枚のセレクトも、ほとんどは重なっていない。
 本書のカヴァーにも用いられているスティーヴ・マーカスの名盤『カウンツ・ロック・バンド』や、トニー・ウイリアムス・ライフタイムの『エマージェンシー!』などが、わずかに重なっているのみだ。

 そうしたズレ具合自体が、ジャズ・ロックという不思議であいまいなジャンルに対する一種の“批評”にもなっている。

 まあ、プログレッシブ・ロック、ブルース・ロックなどの他ジャンルも、その定義には相当あいまいな面があるわけだが、それにも増してジャズ・ロックはあいまい極まりないジャンルなのだ。

■関連エントリ→ 松井巧『ジャズ・ロック』『ブリティッシュ・ジャズ・ロック』

 3人の著者のうち、中山康樹の文章は終始おちゃらけていて、ひどい。しかも、笑いを狙った箇所がことごとくオヤジギャグ的ダダ滑りで、少しも笑えないし。
 2015年に亡くなった人なので死者に鞭打つようだが、「もっと真面目に書けや!」と言いたくなる。

 逆に、ピーター・バラカンのパートは、ジャズ・ロック黎明期のロンドンで青春を過ごした人ならではのヴィヴィッドな現場感覚に満ちており、面白い。「へーえ。イギリス人の目にはそう映るんだぁ」という驚きが随所にあるのだ。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>