押川剛『「子供を殺してください」という親たち』



 押川剛著『「子供を殺してください」という親たち』(新潮文庫/594円)読了。

 「精神障害者移送サービス」(強制拘束ではなく、対話と説得によって患者を医療につなげるものだという)の会社を営む著者が、仕事で接した育児・教育の「究極の失敗」事例の数々を紹介し、背景にあるものを探っていくノンフィクション。

 事例の多くは広義の「ひきこもり」だが、おとなしくて他者には無害なひきこもりではない。家族に日常的に暴力をふるったり、勝手に散財して巨額の借金を作ったり、自傷他害の恐れがあったりする、非常にシリアスなケースばかりだ。

 そのような我が子に長年振り回され、精根尽き果てた親たちが、最後に著者を頼ってくる。そして、中には「子どもを殺してください」とか「死んでくれたらいいのに」などという言葉を吐く親もいるのだという。

 全体の約半分を占める第1章が、ドキュメント形式の事例紹介になっている。
 そこで紹介される7つのケースが、どれをとってもまったく救いがない。著者が関わったことで何かが解決に向かったわけでもなければ、ラストに希望の光が見えるわけでもないのだ。

 まあ、「必ずひきこもりを直して見せます!」などと大言壮語する業者に比べたら、ある意味、正直で良心的と言えなくもない。
 が、高額な費用がかかるという著者の会社に、本書を読んで依頼をしようというひきこもりの親は、あまりいないのではないか。

 後半も、“子どもと正面から向き合わない親にも責任がある”という親への批判、精神科医療の専門家や医療機関への批判、精神保健福祉法改正への批判など、「あれが悪い、これが悪い」という話ばかり。ひとかけらも希望がない。

 読んでいてこれほど気が滅入る本も珍しい。このあと、最近出た続編『子供の死を祈る親たち』も読もうと思っていたが、やめた。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>