こだま『夫のちんぽが入らない』



 こだま著『夫のちんぽが入らない』(扶桑社/1404円)読了。

 話題のベストセラーである。
 タイトルの図抜けたインパクトがアイキャッチとなった面は当然あるにせよ、内容がよいからこそベストセラーになったのだと思う。

 ある一組の夫婦の、交際開始から現在までの20年の歳月を、妻の視点から綴った実話。
 エッセイと呼んでもよいが、私はむしろ私小説として優れた内容だと思った。

 ヘタな専業小説家がかなわないほど文章は巧みで、ちりばめられた自虐的ユーモアが心地よい。
 何より、主人公夫婦の“世間の片隅にひっそりと生きている”という佇まいが、妙に胸に迫る。

 私たちには親しい友人がおらず、のめり込むような趣味もなく、お互いが唯一の友人で、恋人だった。



 この一節を読んで思い出したのは、名作『無能の人』(つげ義春)の、「考えてみると私たちって親しい友達もないし親兄弟とも疎遠だし、なんだか世の中から孤立して、この広い宇宙に三人だけみたい」というセリフだ。
 つげ義春の世界に共感できる人なら、本作にも共鳴できるだろう。

 また、著者たちの置かれた状況(=「入らない」という状況)は特殊であるにせよ、もう一つ枠を広げて、たんに「セックスレスの夫婦」ならばたくさんいるわけで、その人たちにとっても共感を覚える内容だろう。だからこそのベストセラーなのだと思う。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
23位
アクセスランキングを見る>>