上田知華+KARYOBIN『ゴールデン☆BEST』



 上田知華+KARYOBINの『ゴールデン☆BEST』(ワーナーミュージック・ジャパン/3024円)をヘビロ中。

 上田知華+KARYOBINについては、以前『MUSIC SOUP』というベストアルバムを当ブログで取り上げたことがある。
 が、昨年発売されたこの『ゴールデン☆BEST』こそ、まさに決定版というべき素晴らしい内容なので、改めて取り上げる。

 上田知華+KARYOBINのベスト盤はほかにも何種類か出ているのだが、どれも不満の残るものであった。
 KARYOBIN時代と上田知華のソロワークがごちゃ混ぜに入れられていたり、『究極のベスト!』というタイトルのくせに収録時間が40分に満たなくて名曲の漏れが多すぎたり……。

 それに対し、2枚組・133分収録の本ベストは、非の打ち所がない。

 ・上田知華+KARYOBINが残した6枚のアルバムから、まんべんなく選曲されている。
 ・最新リマスタリング音源で、音がよい。
 ・未発表ライヴ音源が、ボーナス・トラックとして2曲収録されている。
 ・オリジナルアルバム未収録のシングル曲(「シーユーアゲイン・初恋」)も収録している。
 ・上田知華のソロワークが混入しておらず、あくまで「上田知華+KARYOBINのベスト」になっている。

 ……といった多くの美点があるのだ。
 2曲収録されているライヴ音源(「メヌエット」と「オープン・ザ・ウインドウ」)も、演奏・歌唱ともに素晴らしい。

 『MUSIC SOUP』を取り上げたとき、

 私が好きだった「AVENUE」という曲(5thアルバム『ミス・ハート』のオープニング・ナンバー)が入っていないのが、ちょっと残念。



 と書いたが、本ベストには「AVENUE」もしっかり収録。
 のみならず、いまなお中古CDが3万円超の高値を呼んでいる『ミス・ハート』からも計7曲が収録されており、その点もうれしい。

 弦楽四重奏をバックにピアノ弾き語りをするという、J-POP史上、他に類を見ないユニークなスタイルを持った上田知華+KARYOBIN。彼女たちが遺した名曲群の素晴らしさを改めて認識させる、極上のベスト盤である。 

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
23位
アクセスランキングを見る>>