水島治郎『ポピュリズムとは何か』



 今日は、都内某所で打ち合わせが一件。

 行き帰りの電車で、水島治郎著『ポピュリズムとは何か――民主主義の敵か、改革の希望か』(中公新書/886円)を読了。仕事の資料として。

 ポピュリズムが破壊的作用を及ぼした2つの歴史的事件――イギリスのEU離脱と、米国のトランプ大統領誕生――が起きた直後に刊行されるにふさわしい、ポピュリズムの概説書である。
 トランプの当選が昨年11月で、本書の刊行日は昨年12月25日だから、トランプ当選後についての記述は突貫工事で加筆したのだろうが、そのことを感じさせない丁寧な内容になっている。

 著者はオランダ政治史、ヨーロッパ政治史が専門の政治学者だから、ヨーロッパのポピュリズムについての解説には厚みと説得力がある。
 逆に、日本のポピュリズムについては、橋下徹と「維新」への言及が随所にあるのみ。ただし、欧米や南米のポピュリズムについての解説がそのまま日本の状況にもあてはまるから、日本の政治を考えるためにも大いに参考になる。

 日本では、「ポピュリズム政治家」という呼び方自体が蔑称であるようなイメージがある。しかし、著者は「ポピュリズム=民主主義の敵」とするような単純な二元論には陥っておらず、ポピュリズムのプラス面も虚心坦懐に評価している。
 たとえば、ポピュリズム政党の台頭は、「ラテンアメリカではエリート支配から人民を解放する原動力となり、ヨーロッパでは既成政党に改革を促す効果も指摘される」という。

 ポピュリズムの歴史と現状、そして先行のポピュリズム研究を、著者はじつに手際よく概観している。
 英国のEU離脱とトランプ大統領誕生の背景にあるものを、見事にあぶり出した好著だ。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
15位
アクセスランキングを見る>>