エフ=宝泉薫『痩せ姫』



 エフ=宝泉薫著『痩せ姫――生きづらさの果てに』(KKベストセラーズ/1944円)読了。

 摂食障害による「生きづらさ」を抱えた女性たちについて、さまざまな角度から綴った本。
 精神医学の視点から、あるいは社会問題として摂食障害を取り上げた本なら、これまでにもたくさんあっただろう。そうした過去の類書では当然、摂食障害は「治療すべき心の病」としてのみ扱われてきた。だが、本書はその点が大きく違う。

 著者は1964年生まれ(私と同い年)の男性であり、「痩せ姫」(摂食障害で極度に痩せた女性たち)の「容姿と精神性」に「特別な魅力を感じている」人物。いわば「痩せ姫萌え」の人なのである。

 そんな特異な嗜好をもつ著者が、「病気や不幸といった世間的枠組みに幽閉されているかのような痩せ姫たちの真の魅力を伝えることで、本人そして周囲になんらかの変化が生じ、その生きづらさが少しでも軽減されればと願って」書いたのが、本書なのだ。

 おそらく、世界的に見ても珍しい奇書。「摂食障害をこんなふうに扱うのは不謹慎だ」と眉をひそめる人もいるだろうし、「痩せ姫萌え? キモいおっさん!」と思う女性もいることだろう。

 だが、私は本書を大変面白く読んだ。書き手が本気で「売れようが売れまいが、誰にどう思われようが、俺はこの本を書きたくてたまらないんだ」と思って書いた本にしか出せない熱さが、全編にみなぎっている。著者のこの本に対する愛情が、ビンビン伝わってくる。

 本書は、著者がやっているブログ「痩せ姫の光と影」を通じた、たくさんの痩せ姫たちとの交流史でもあり、痩せ姫をめぐる文化史・メディア史でもある。そして、痩せ姫たちの生活のディテールと心のありようが、ヴィヴィッドに描かれた本でもある。

 痩せ姫というテーマをめぐって、こんなに豊かな文化的広がりを持つ本が書けるとは、私は想像すらしなかった。 
 
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
15位
アクセスランキングを見る>>