2016年に聴いた音楽BEST10



 2016年のベスト10、今日は音楽編である。

 相変わらず1970年代あたりの古い音楽を聴くことが多いのだが、ここでは今年発表されたアルバムに限定。
 順不同。当ブログでレビューを書いたものについてはリンクを貼る。

ハルカトミユキ『LOVELESS/ARTLESS』

KIYO*SEN『Trick or Treat』

菊フィーチャリング鮎川誠、シーナ&ロケッツ『ROCKN' ROLL MUSE』

デヴィッド・ボウイ『Blackstar』
――発売直後にボウイが亡くなるという衝撃的展開となったアルバム。そのインパクトを差し引いて虚心坦懐に聴いても、十分に傑作。
 最後まで先鋭的存在でありつづけたことに脱帽。そしてR.I.P.

Yellow Studs『door』
―― 音楽サイト「BASEMENT-TIMES」の激アツな推薦コラム、「Yellow Studsのようなバンドを応援したくてこのサイトをやっている」を読んで知ったバンド。
 旧作を軒並み聴いて、すっかりノックアウト。この最新アルバムも大変よい。「カッコ悪さすれすれのカッコよさ」に満ちた、「ネオ・ハードボイルド」的な男臭いガレージロック。

小坂忠『Chu Kosaka Covers』
――日本最高レベルのシンガーが放った、芳醇なる洋楽カヴァー集。カヴァーアルバムのお手本ともいうべき仕上がり。

METAFIVE『META』
――高橋幸宏、LEO今井、TOWA TEIと、私のフェイバリット・アーティストたちが組んだ夢のバンドであり、このファースト・アルバムは期待を裏切らない見事な仕上がり。
 たぶん、今後欧米で成功する可能性が最も高い日本のバンドであろう。しいて今年のベスト・ワンを選ぶとしたら、これ。

Cocco『アダンバレエ』
――「最近のCoccoのアルバムはあんまりピンとこないなあ」と思っていた私は期待せずに聴いたのだが、これはよかった。とくに、オープニングのキラーチューン「愛しい人」から数曲のシークェンスは、最初期のCoccoが戻ってきた感じの迫力。

YEN TOWN BAND『Diverse journey』
――20年ぶりの復活作であるわりには話題にならなかった気がするが、かつての『MONTAGE』をしのぐ傑作アルバムだった。

SOIL&"PIMP"SESSIONS『BLACK TRACK』
 「爆音ジャズ」「Death JAZZ」などと称される、いわゆる「不良性感度」の高いカッコよさが身上の、6人組ジャズ・バンド。
 この最新作は「Black&Mellow」をテーマに据えており、これまでのソイルよりもメロウな仕上がり。
 全体に、ロバート・グラスパー・エクスペリメントの傑作『ブラック・レディオ』を彷彿とさせるジャンル横断的なアプローチが見られ、それは見事に成功している。『ブラック・レディオ』に対する日本からの回答ともいうべきアルバム。

■次点
TWEEDEES『The Second Time Around』
――元「Cymbals」の沖井礼二と、シンガー/女優の清浦夏実が組んだ、「2010年代の渋谷系」ともいうべきバンドのセカンド。
 清浦は6年前のソロアルバム『十九色』もよかったが、TWEEDEESでも最高にキュートなヴォーカルを聴かせる。


 ……選んでみて気がついたが、洋楽はボウイの1枚だけ。してみると、今年の日本の音楽シーンはけっこう豊作だったのだな。
 CDがまるで売れない不遇な時代ではあっても、アーティストたちは素晴らしい仕事をしているのだ。 

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
19位
アクセスランキングを見る>>