カウンツ・ジャズ・ロック・バンド『Count’s Jazz Rock Band』



 カウンツ・ジャズ・ロック・バンドの『Count’s Jazz Rock Band』を聴いた。

 聞き慣れないバンド名だと思うが、これは1998年に49歳の若さで世を去った名ギタリスト・大村憲司が、キャリアの最初期に当たる1969年から1971年にかけてやっていたジャズ・ロック・トリオ。
 「バンブー」や「カミーノ」を組むよりもさらに前、大村がスティーヴ・マーカスの『Count's Rock Band』(69年発表の、ジャズ・ロックの源流の一つとされる名盤)に影響されて始めたトリオなのだ。

 ほかのメンバーは、山村隆男(ベース)とマーティン・ウィルウェバー(ドラムス)。
 山村が個人で所蔵していたライヴ/スタジオ音源を、リマスタリングしてまとめたアルバムだという。

 発掘までの経緯からして仕方ないのだが、音はモコモコしていてよくない。
 しかし、演奏はすごい。全編インストのジャズ・ロックで、たしかに『Count's Rock Band』からの影響が強く感じられるが、曲によってはもっとヘビーでブルージー。60年代末から70年代初頭の日本に、これほどの演奏をするジャズ・ロック・トリオがいたのかと驚かされる。
 
 とくに、大村は当時20歳そこそこであったにもかかわらず、ここでの演奏は「ギタリストとしてすでに完成されている」という趣。
 アルバム中、最もジャズ寄りの曲「The Waltz 2」ではウェス・モンゴメリーばりのギターを聴かせ、最もブルース寄りの「Count's Rock Blues」ではマイク・ブルームフィールドばりにギターを歌わせる。この時点でもう自在に弾きこなせたのだ。

 「赤い鳥」時代からの盟友・村上“ポンタ”秀一が、『自暴自伝』の中で大村のことを「エリック・クラプトンよりすごいギタリストだった」と絶賛していた(本が手元にないのでうろ覚えだが、主旨はこの通り)。この若き日の発掘音源を聴くと「なるほど」と思う。

■関連エントリ→ 村上“ポンタ”秀一『自暴自伝』

関連記事

トラックバック

コメント

Re: No title
ハザウェイ様

ありがとうございます。
励みになります。
  • 2016-12-14│09:39 |
  • 前原政之  URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016-12-13│12:04 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
23位
アクセスランキングを見る>>